音楽

アーティスト別

local sound styleの果てしなく青くて、無限の可能性が散りばめられた音楽

青森県弘前市出身の4人組が創りだしたlocal sound style(ローカルサウンドスタイル)というバンド。 彼らが織りなすサウンドとメロディはどこまでも果てしない蒼さと煌びやかで美しい。 時には青いメロディが故の日...
アーティスト別

グレイプバインとトライセラトップス 90年代の偉大なバンド

最近、女性アイドルも何となくエモいなぁと聴いている筆者。 この界隈も昔に比べて、その作られたイメージを壊した(幅広い)グループがシーンを賑わせていて正直面白いです。 それでも今回の主役はやはりバンド。 grapevin...
アーティスト別

車谷浩司という偉大な音楽人が鳴らし続ける音楽

今回は現在Laika Came Back(ライカケイムバック)名義でマイペースに活動されている車谷 浩司(くるまたに こうじ)氏について。 1989年、バンドブーム全盛期に地元栃木県で結成されたBAKU(メンバーには谷口宗一な...
アーティスト別

curveという日本が誇るエモバンド/決して消えることのない青い炎

「自分の音楽を信じている」 東京小岩が誇るemoバンド【curve(カーヴ)】のギターボーカル、そして中心人物でもある「羅悠靖」氏が発信した言葉です。 あくまでSNS上で呟いた一言ではありますが、筆者の胸には響くもの...
機材

初心者向けDAWソフトと高音質インターフェースで気軽にレコーディング

以前、当ブログで紹介させて頂いたiphone用万能オーディオインターフェースsonic port。 こちらと皆様にお馴染みの初心者向けDAW(と呼んでいいか解りませんが)アプリgarage band(ガレージバンド)を併用すれ...
機材

Line6 ソニックポートは万能なオーディオインターフェースです

Pod touch、iPhone、iPadなどIOS専用デバイスのおすすめ。 その名もLine6 sonic port(ソニックポート)。 DAW全盛の昨今。 楽曲のアイディアとなるギターフレーズやボーカルライン、...
おすすめバンド

通勤、通学中に聴きたくなるおすすめ音楽<エモいBGM>

何となく聴きたくなるエモい楽曲。 通勤、帰宅などの移動時間には特に。 見慣れた景色であっても、その日の気候や天気、そしてイヤホンから流れてくる音楽が掛け合わされ、何ともいえない心情になったり、ならなかったり。 ...
おすすめバンド

隠れた名曲、おすすめバンド、日常に溶け込んだ何となく聴いてしまう楽曲

最近また音楽を聴き直しています。 実のところ、数カ月前からすっかり耳にする事がなくなってしまいまして。 全く寄せ付けないと言いますか。決して嫌というワケでもないんだけど。 なんていうか。 たまにくるあれです。ある特定の時期から周期...
おすすめバンド

エモ、ポップパンク/次世代を代表していたはずの珠玉のバンド2選

after tonightとsay hello to sunshine。 現在は共に活動が止まっているこの二つのバンドが心に残っています。 それぞれエモ、スクリーモ、ハードコア、ポップパンクの要素を掛け合わせた音楽性で...
アーティスト別

oceanlaneのエモい楽曲はいつでも鮮度抜群でおすすめです

2001年に結成されたoceanlane(オーシャンレーン)というバンド。 2011年、突如オフィシャルでの活動休止のアナウンスを境に、最近ではその名前を耳にする機会がめっきり減ってしまいましたが、彼らがシーンに残した足跡...
機材

路上ライブ用アンプ/おすすめのRoland社2台を実際に使用した結果

ストリートミュージシャンにとって重要な機材の一つと言えるアンプ。 多くの人が行き交う中、質の良い機材を選定してボーカルや楽器の鳴りを可能な限り綺麗に表現する事は、欠かせない必要な要素となってくるのではないでしょうか。 ...
機材

エフェクターの電源/パワーサプライのおすすめ品は野外でも大活躍

路上、野外でのバンド演奏において、足元にエフェクターを望むギタリストにとっては必要不可欠な電源ツールの確保。 そして、ぼっち(一人)ミュージシャンの方にも。 一般的には、誰もが知るパワーサプライという便利な代物を...
機材

DT-10以外にも個人的おすすめのチューナー2選は評判がいいようです。

ペダルチューナーのすすめ。 演奏者にとって、アンサンブルを構築する上で大前提となる調律という作業。 ギタリストにとっても必要不可欠な要素であって、いわゆる一つの音階の基準を作り出す上ではある種、音作りと同じくらいの神経を...
機材

Klon Centaurという伝説のオーバードライブエフェクター

1994年ビル・フィネガン氏が生み出したオーバードライブKlon Centaur(クロンケンタウルス)。 この手の音色の中では世界的に最高傑作と称されているエフェクター。 しかし、こちらの名機、2010年頃を境に...
機材

ギターソフトケース/おすすめ/おしゃれでシンプルなお手頃品

前回のギタースタンドに引き続き、本記事の題材としてフォーカスした収納用ソフトケースも世のギタリスト様にとっては、自身の好みとこだわりが反映され、客観的には音楽性にも通ずるセンスが垣間見えてしまう(ばれる)備品となってくるのではないで...
機材

ギタースタンド/おすすめ/3本~5本向けスッキリおしゃれな一品

保管、収納の一旦を担うギタースタンド。 特に複数本所有していた場合、飾るという観点においても、お部屋のインテリアのひとつとしては、それなりにすっきりとおしゃれに気を配って配置付けを考えたいところです。 (さらにはフラッと...
アーティスト別

The Firewood Projectが鳴らす胸の奥底に響く音楽

蘇生を試み、全身に血液が循環していくような。 カラッカラに乾いた喉が潤い、身体の隅々まで瑞々しさが行き渡って再生が始まる。 the firewood project(ファイヤーウッドプロジェクト)の1stアルバム「c...
機材

amazonの返品サービスを利用した結果、驚きの返金額に

先日、amazon(アマゾン)マーケットプレイスにて、とある音楽用機器(中古品)を購入したのですが、荷物を受け取って開封したものの、数時間後には返品を決意した次第です。 到着から二日後には自身のアカウントから手続きの申込み。 ...
おすすめバンド

美メロで聴かせるエモいバンドおすすめ2選<inアジア>

90年代後期、日本国内インディーズシーンにおいて新たなジャンル「エモ」というキーワードが徐々に注目を集めつつありました。 これらを語る上では欠かせない代表的なルーツとしてUSインディーロックの存在と空気感。 キラキラし...
おすすめバンド

国内シューゲイザーおすすめバンドの厳選した名曲2選

shoegazer。 押し寄せる音の洪水。 エフェクターを駆使して作りだす幻想的な空間と、轟音の渦で会場全体を飲み込むその迫力。 その界隈で代表的なバンドとして挙げられるのはマイブラ(My Bloody Vale...
タイトルとURLをコピーしました