ボイスレコーダーQ61/小型で薄くて軽量おすすめ理由に感激40代

384Kbpsで72時間録音
ビジネスシーンにおけるパワ/モラハラ対策に一枚、小型で簡単操作のボイスレコーダーはいかがでしょうか?
いやいや、いきなり不謹慎で申し訳ありません。そんなわけ。

筆者はちょっとした商談、打ち合わせ等の録音目的で今回とある商品を購入してみました。
というか、実は案外使わないかもしれないのだけれど、そのミニマルなデザインに惹かれてしまい思わずポチってしまったわけで。

機械は苦手だけど好んでしまう謎の性分。

とはいえ、たまにスマホで思いっきり解りやすくRECしているのも何だかなぁ、、なんて感じる時もあった中での新発見。(遅いだろうけど)

いや~時代の進歩を改めて目の当たりにしてしまった。
小っちゃ。
・お手頃価格
・そこそこ(充分)な音質
・マイク感度も良好
・小型かつ実用的
・ポケットに忍ばせやすい


以下、こだわりのないミーハーかつ素人視点でサラッと紹介していきます。

FlytiseのQ61

商品詳細/簡単な仕様

ブランド:Flytise
容量: 8G
色:Black
対応デバイス:MP3プレーヤー
商品寸法:14.5 x 9 x 4.5 cm

重量:約127g
価格:3480円(amazon)

付属品

イヤホン、リモコン、専用ケーブルに変換アクセサリ

想像以上に小さいボディでミニマルなデザイン

まずはこれ。
購入前、商品ページで何となくのサイズ感は採寸表でイメージ出来ていたものの実際手にして驚いたその大きさ。
特に薄さ4.5cmは案外厚いのかなぁ?とイメージしていましたが、いやいやいや、めっちゃ薄い。
全体が小さ~い。

掌に乗せて。

お弁当に付属されていたソースと比べても。

持ち運び、収納も楽ちん。
重量127gなんてほとんど何も感じない。
なんならポッケに入れてその存在を忘れてしまいそうな勢いでもあります。

何より商品デザインがシンプルでかっこいい
一見、ボイスレコーダーに見えないガチャガチャで引いた辞書のような雰囲気も好きであります。

操作も簡単

はい、側面についている電源スイッチを投入し赤ランプの点滅が終わると録音開始
そしてスイッチをOFFの位置にすれば=録音終了。

うわっ、筆者のような音痴でも簡単に使えて嬉しい

録音後のデータもイヤホンを差し込めばそのまま試聴できてしまう。
(もちろんPCでも聴けますし、データ管理も)

音質も十分なレベル

早速録音してみたデータを載せておきます。

いや~、あえてレコーダーから80cm程度離れて録音してみました。

筆者の美声(自画自賛)

最後のがががっというノイズは電源ノブをOFF(rec終了)にした際に発した音です。
気になる方はノブを真ん中にしてVOR(自動検知)機能を使用した録音操作がおすすめです。

編集後記(まとめ)

サラッと紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。
筆者はこの手の機械は詳しそうで実はあんましといった感じで、素人目線でしか話せないという。笑

音楽経験がありながらも偏った音響機材の知識でして。

とはいえ、この小ぶりなボディとデザイン、そして最低限の機能を兼ね備えたQ61を筆者は陰ながら推しておきます。

その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。

サンワサプライのスマートメディア用カードリーダーは唯一無二の存在

以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

Sponsored Link
Sponsored Link
機材
「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常



コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました