YOAKのSTANLEY買いました!大人が辿りつく究極のスニーカー

卓越したシンプルなデザインで表現された美しいフォルム。

革靴に似た雰囲気をスニーカーというフォーマットに落とし込んだ究極の逸品。

それはフットウェアブランドYoak(ヨーク)が手掛けるstanley(スタンレー)
とうとう筆者も買ってしまいました!

男性が大人のおしゃれを追求していくと、きっと誰もが辿り着くであろう、全体を眺めているとそんな自信に満ちた表情が伺える佇まいではないかと。

ブランドが掲げている【シャツやジャケットに合わせる事を目的としたスニーカー作り】というコンセプト。
実際手にしてみると、こちらにキッチリ寄り添ったクオリティの高い完成度に強いインパクトすら感じられます。

そして、個人的には私の音楽感を養ってくれたアーティストの一つである某raidioheadを彷彿とさせるそのネーミングもツボなワケでして。

今回はそんな新たに加わったお気に入りの靴について紹介していきます。

商品詳細

品名:stanley(スタンレー)

サイズ:41(26cm~27cm)

色:ブラック

価格:27500円(税込み)

※筆者スペック:174cm、56kg
 サイズ感コンバースですと26~26.5cm、アディダスは26cm、padroneは41

バランスに優れたシンプルなデザイン

2015年の発足から、瞬く間に国内ファッションシーンの中でも脚光を浴びるようになった近年要注目のYoak。

ドレッシーな洋服との相性については説明するまでもなく、カジュアルなコーディネートに合わせてもギュッと引き締まった品格に整えてくれるバランス感覚の良さ、stanleyは足元で魅せる最大限の役割を果たしてくれます。

アッパー、ソール、靴ひもを通すホールまでもがワントーンで統一された作りで、この無機質なデザインが織りなす空気感は時に上品な男らしさも引き出してくれるのではないかと。

別記事でも述べております通り、足元が作り出す雰囲気は絶大で、言いかえればstanleyさえ履いていればスタイリッシュに決まるのでコーディネートに迷いがなくなり、悩みも一掃されます。

圧倒的な履き心地の良さ

表皮は牛革、そしてライニング(シューズ内)に採用されている豚革素材は、柔軟性があり足元全体を優しく包み込んでくれる仕様。
見た目のデザインからは想像もできない柔らかさで、着脱時の履きづらさ、硬さがなく絶妙なフィット感。

歩行の際、地面からの衝撃も少ないので無駄にストレスを感じる事もなく、実用性においても優れたパフォーマンスを発揮しています。

いや~本当にstanley履きやすいんです!!強度もあってスタイリッシュなデザインに追従する質感の良さ。

一貫性のある生産スタイル

生産拠点を国内とし、最高級の品質が保証された生産スタイル、革靴同様にほぼ全ての工程を手作業で仕上げていくブランドの強い信念。

むしろこの高いクオリティを実現する為には必要不可欠な要素であったのかもしれませんが、設定価格と照らし合わせると最大限の努力も伺えるのではないかと。

他の某インポートブランドでも類似するスニーカーを展開していたりもしますが、デザインや作りが良くても5万円を超える商品が多い中でのYoakの設定価格は流石と言えるのではないでしょうか。

足元コーデ

デニム(インディゴ)

デニム(ブラック)

デニム(ライトインディゴ)

スラックス(ブラック)

スラックス(グレー)

スラックス(マスタード)

※ボトムスは全てMAIN ATTRACTIONかLOUNGE LIZARDです

編集後記(まとめ)

yoakのスニーカーを観て、履いて感じとった1番大きなポイントは普遍的と男らしさです。
筆者が大好きな洋服、ラウンジリザードメインアトラクションにも精通するような感覚を覚えました。

変化球もなく果てしなく真っ向勝負のstanleyには、男なら誰もが惹きつけられる魅力が備わっており、洋服に合わせる為のスニーカーとしては良い意味でプリミティブな要素を重要視しているようにも見受けられました。

まぁ、何にせよ、コンバース以外、今までピンとこなかった筆者にとってはこの歳になって新しい出逢いと発見があり嬉しい限りです。

ちなみにお手入れに関しましては革靴同様に可愛いがって下さい。
その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読み下さいませ。

革靴っぽいハイエンドなスニーカー/絶対もてるおすすめ2ブランド

革靴のお手入れに必要な備品の選び方やポイントをまとめてみました

革靴とスニーカーを融合したようなおしゃれなリメイクアイテム

男なら一足は抑えておきたい定番スニーカー/幅広なスタイリングに対応

以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました