「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

ゴツいブーツ/メンズ向けコーデと大人カッコいい履き方は案外簡単

      2019/04/15


革靴を大人カッコよく履きこなしてみる。


シンプルで合わせやすいデザインよりも、今回は比較的コーディネートにおいてバランスの調和が難しいマーチン系などの男くさいブーツを中心に小慣れた感のあるスタイルを紹介していきます。


何より自然で、背伸びしていない印象で、


そして、年齢に見合った品のある雰囲気も出したいところですが。(欲張った感じ)


特に適度なロックさと綺麗めな空気感が融合したヨーロピアンテイストの着こなしを意識すると、案外全体が上手くまとまっていく傾向にあります。


品格を出しやすい革靴を履いているとはいえ、頑強な装飾であれば他に、ドレッシーな洋服を取り入れておくと悩むことなく仕上がるので頭の片隅に置いておくと便利です。



要点


いわゆる他の大人コーデに精通した「バランス」がどんな時でも求められるのではないかと。


もちろん、おしゃれバランスを意識して全てにカジュアル&ドレスの組み合わせを取り入れる事もおすすめ出来るのですが、個人的には、綺麗なシルエットを表現できるサイジングさえ押さえていればどちらか一方に偏っていても不自然ではないように見受けられます。


ゴツい革靴を選定したなら、特にポイントとなってくるのは着用する洋服のサイジングと色使い。(出来ればシンプルなデザイン)


一見、難しそうな、頑強なブーツコーデでの小慣れた感。


ボトムスにおいては裾をロールアップして、通常よりも短めを心掛ければ、それぞれのアイテムが生かされたコーディネートに。





Sponsored Link



コーデ1


テーラードジャケット、白シャツ、ロールアップしたノンウォッシュデニムの中で、存在感のあるブーツ。


抜け感とはまた違った、崩した印象がありますが、全体的にまとまった品の良さが感じられます。


安定の女子受け抜群のスタイルです。




コーデ2


カジュアルよりのコーデとなっていますが、体型にあった洋服の選定により大人かっこいい印象に。


ストライプ柄のシャツが一見派手な印象を与えますが、アウターとデニムが落ち着いた色合いのため、雰囲気のあるコーデに仕上がっています。





コーデ3


トップスにパーカーを挟んだコーデ。

比較的子供っぽい印象を与えてしまうフード付きのアイテムですが、ボトムスにスリムサイズのベージュカラーのチノを選定した事により、黒のブーツとあわせて大人かっこいいコーデに仕上がっています。


スリム、スキニータイプのベージュカラーのボトムスは、革靴と合わせると特に大人っぽい雰囲気を作りやすく汎用性が高いのでおすすめです。





編集後記(まとめ)


こちらに掲載はしていませんが、他にも白カットソー+ノンウォッシュデニムといったシンプルな服装でも洋服のシルエット、サイジングに配慮すれば頑強なブーツであっても品のある仕上がりになります。


色んな意味で深みのあるノンウォッシュデニム、いつの時代も万能です。


またノンウォッシュ以外に、色落ち、ユーズド加工が施されたデニムにおいても、体型に合った綺麗なラインが表現されていれば、落ち着いた色合いのアウター/ライトアウターと組み合わせて大人かっこいい雰囲気が出しやすいので一度お試しされてみてはいかがでしょうか。


その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。


SHIPS(シップス)で革靴コーデ(メンズ)が気軽に楽しめる理由


メンズ/革靴コーデは誰でもおしゃれで大人っぽいこなれた感がでます


パドローネのバックジップブーツがおすすめな理由


以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 -