メコゾームのしみ取りクリームの効果は予想以上に強烈でした

メコゾームから発売されている人気商品の「ブライトニングフォーミュラー」。

楽天やamazonなど多くの通販サイトでおすすめされており、愛用者は男女問わず、様々な口コミが世を駆け巡っています。

ハイドロキノンでもないしそう簡単にしみや肝斑を除去できるものかと。

いやいや、

「消し去ってくれればいいのに」と。

多くのユーザーはその悩みを解決すべく各々が胸に希望を抱き、購入に至っているのではないかと考えられます。

ため息も聞こえてくれば、嬉しい喜びの声など十人十色。

効果は人それぞれとして、じゃあ自分自身にはいったいどうなのだろう?

というわけで、今回は実際にこちらの商品を1ヶ月使用した結果と感想を以下にまとめていきます。

しみ(肝斑)のメカニズム

簡単な概念となりますが、人は紫外線を浴びる事によって、4つの層で構成されている表皮の中のメラノサイトがメラニンを生成します。

一般的に皮膚における28日サイクルのターンオーバーによって古い角質と共にメラニンは剥がれ落ちていくのですが、ストレスや紫外線の浴びすぎ、生活習慣などの乱れ、加齢などにより、そのサイクルに異変が起きてしまうと、

新陳代謝が停留してしまい、これに伴いメラニンにも同様の事が起こり、表皮のケチラノサイトで色素沈着が発生してしまい、これが目に見えたシミとなってしまいます。

色素沈着は紫外線以外にも、にきび跡や傷跡、レーザー治療の跡などに発生する「炎症性色素沈着」と呼ばれるものもあります。

身近に誰もが経験した事のあるのは、やはりニキビ跡や怪我をしてそこに残ってしまう黒ずみのような炎症性色素沈着ではないでしょうか。

また、過去に私はレーザー治療(ルビーレーザー)を3回程経験した事がありますが、照射後のやけどから回復に向けた過程で発生する色素沈着にはひどく悩まされた記憶があります。

その際は、ハイドロキノンを使用していました。

今回はハイドロキノンとの違いも含め、解説できれば何よりであります。

Sponsored Link

ブライトニングフォーミュラーをいざ使用してみる

成分について

このシミ取りクリームの注目すべき成分は、やはり海の酵素から抽出したといわれる「マリンプロテインエキストラクト」ではないでしょうか。

こちらの凄いところが、傷ついたり古くなった細胞にだけ反応して洗浄除去してくれるという、正に至れり尽くせりな効能となっています。

正にルビーレーザーと似たような魅力が盛り込まれており、使用前からその効果を疑ってしまいます。

その驚くべき効果

まず、私は「1週目使用したら2週目は休める」という頻度で実施しました。

現在使用して1ヵ月ですので、計2回こちらのクリームを試したことになります。

具体的な内容は以下を参照して下さい。

使用1回目

・1日目

夜就寝前にしみのポイント2箇所(直径10mm程度)に肌が隠れるようにクリームを乗せました。

次の日の朝、特に変化はありませんでした。


(乗せ方の参考です。実際につけたのは顔になります。)

・2日目

前日と同様に就寝前にクリームを塗る際、しみのポイントがヒリヒリしている事に気づきます。(鈍い)

次の日の朝、その部分が赤くなっており、相変わらずヒリヒリしています。

・3日目

同様に塗ります。(乗せます)

次の日の朝はヒリヒリ感+赤み+部分的に黒いかさぶたのようなモノが出来ていました。
(厳密に言うと、かさぶた程ゴツくはなく、薄い黒い皮膚のようなモノ)

・4日目以降

前日(3日目)と同じ。ただし、かさぶたの範囲が大きくなる。

そして5日目からは、塗るのをストップしました。

ちょうど7日目を迎える頃には、かさぶた(黒い皮膚)が綺麗に取れていました。

気になる「しみ」については、若干薄くなった程度?です。(正直、よく解らない微妙な感じ)

使用2回目

塗る頻度、ヒリヒリしてくる、かさぶたになるタイミングは使用1回目とほぼ一緒でした。(本当に)

そして、驚くべき変化は、かさぶたが剥がれた後、明らかに「しみ」が薄くなっていた事。

(剥がれた直後は前よりしみが濃くなった印象がありましたが、2、3日経過すると明らかに薄くなっていた)

これ本当の話です。びっくりです。

本当に効果がありました。

かなり感動です。


(剥がれた皮膚の一部。絵的に微妙ですね。。)

Sponsored Link

総括すると

私には効果がありました。

ただ、効果が見られるのは表皮のしみであって、真皮のしみに効果があるかは不明です。
(一般的に真皮のしみや肝斑にはレーザー治療が最も有効的であると言われています。むしろレーザーじゃないと効果ないよ的な)

それでも楽天通販サイトで激押しされている某社のハイドロキノンクリームでは、ほぼ効果を感じ取る事が出来なかったポイントに明らかに解りやすく効いたのが、

この「ブライトニングフォーミュラー」。

ヒリヒリした感覚はハイドロキノンに似ており、腫れ方(赤い)がレーザー照射後に味わった感覚に、ほんの少し似ていました。(ほんの少しですよ。レーザーは比べものになりません。)

(経験したから言えるんですが)

どうやら、代表的な成分「マリンプロテインエキストラクト」の力はかなり絶大ではないかと。

本当にしみがかさぶたとなって、表皮に押し上げられ剥がれていく感じです。

ちなみに、私はこちらのクリームを塗る前にビタミンC誘導体を肌に馴染ませていました。

これが、効果をもたらしたかは不明であります。(ビタミンC誘導体は日常的に使用している為)

編集後記(まとめ)

今回の経験を経て、「シミにはハイドロキノン」という概念が自分の中で完全に崩れ去りました。

「ハイドロキノン」に比べて、明らかに「ブライトニングフォーミュラー」の方が短期間でその効果を体感する事が出来たからです。

こちらの商品、非常に多くの口コミがあり、「全く効かないよ」なんて方々もいらっしゃるので、効果についてはほんと人それぞれである事が伺えます。

よく解りませんが、私は体質的にハイドロキノンは効きが悪いけど、ブライトニングフォーミュラーは合っているという事になるのでしょうか。

何にせよ、こちらの商品「一度試してみる価値はある」のではないかという考えに至りました。

人それぞれでありますので強くおすすめはできませんが、他のクリームで満足な効果が得られず、良いモノをお探しの方に何か御参考になれば幸いです。

その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読み下さいませ。

Qスイッチルビーレーザーで治療した感想(痛みや料金など)

ビタミンC誘導体/サラシア社パワーセラムの感想と効果を男が語る

以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました