「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

チェーンステッチの裾上げならここでしょ!気になるお値段は?

      2018/12/18



デニムジーンズのお直し。


仕上りはどうするか?シングルなのか?それともチェーン?


通販、持ち込み、当日対応?など自分の中で幾つか条件を設定し、千葉、東京を中心に関東近郊(新潟も)のお店を検討したところ、「銀の糸(ginnoito)松戸店」を利用する事に決めました。


そこに至るまでの過程で、当初全国的に探してみたところ、案外対応している業者(店舗)が多く、競合を勝ち抜くためにプラスαのサービスを売りに展開しているようで、どれも甲乙つけ難いものがありましたが。


ただ、今の私にとって、何を優先するか?で検討したところ、一番マッチしたのが「銀の糸」でした。


利用するのは今回が初めてということで、以下に感想をまとめてみました。





Sponsored Link



選んだ理由


どの店も、仕上げ後のサンプルを見ると違いは特に感じませんでした。


共通して多かったプラスαのサービス(別料金の場合もある)は、裾上げ後の加工(アタリを出してくれる)。


ただ、今回私の依頼するデニムはノンウォッシュだったので加工は特に望んでいなかったこと、


そして、条件として「家から近い、お出掛けのついでに行けるような場所」であればどこでもよかったので、結果として「銀の糸」になりました。


そもそもチェーンステッチって?


アメリカ製工業用の特殊なミシン「ユニオンスペシャル」を使用して裾上げを行うのが有名です。(ユニオンスペシャルじゃなくても出来る)


その際、使われる糸がシングルステッチでよく見かけるポリエステル製ではなく、綿100%の糸を使用する為、洗濯をする度にデニムと共に糸が縮み、裾に独特のアタリやねじれが出てシングルステッチとは一味~二味も違った、経年変化を楽しむ事ができます。


ほとんどのヴィンテージデニムではチェーンステッチが採用されている為、お好きな方はだいたい、この製法で裾上げをされています。


ちなみに、シングルステッチで使用されているポリエステル製の糸は綿に比べて強度があり、逆にチェーンステッチは糸の耐久性がやや劣ること、手の込んだ製法であることから、一部がほつれ、切れてしまうと全部抜けてしまうという欠点もあります。


ただ、チェーンステッチ独特のあのキュッとなった風貌がかっこいいです!!



                 (チェーンステッチ)







                 (シングルステッチ)




雑学


かのリーバイス社はポリエステル製の芯に綿の糸を巻きつけるという画期的な事をしていたり、toeのギタリスト山嵜さんがちょいちょい着用されているブランド「nonnative」のデニムは2、3年程前のコレクションで裾部分ではありませんが、ポケット部に凧糸(たこいと)を使っていました。


例に挙げたのはほんの一握りで、ひとえにデニムジーンズと言えど、各ブランドそれぞれにこだわりのディティールを感じ取ることができます。


銀の糸に行ってみました


アクセス




JR常磐線/新京成電鉄 松戸駅から徒歩約6分



納期


・一週間



費用


・裾上げ代金:1290円(税込)

・交通費  : 330円

・総額   :1620円

ちなみに私が探した相場は1050円~1600円程度でした。


裾上げ後のユーズド加工も依頼すると3000円位が目安になります。(銀の糸はありません)


通販対応の店舗は1050円など比較的作業代は安いのですが、送料を乗せるとだいたい1600円~2000円程度でした。



お店の雰囲気


店内はとても綺麗で清潔感がありました。


どうやら革靴の修理も請け負っているようで、店員さんは3人程(男性一人)いらっしゃいましたが、


ただ、明らかに洋服のお直し部門の方が忙しい様で担当のお姉さんが一人忙しいそうに走り回っていました。


どうやら、自分の担当(専門)以外は、待ち客が居ようと接客しないスタンスのようです。


おぉぉ。


ただ、お姉さんの奮闘ぶりや気配りを眺めていると、不思議と何も感じません。


むしろ、私がヘルプで受付したくなりました。(結局してませんが)


10分、15分程度待って申し込み完了。



出来栄え


今回のデニムはlounge lizard(ラウンジリザード)のブラックデニム。


裾上げ後はこんな感じです。




(あまりよく解らないですね)





唯一の大失態は、beforeの写真を撮っていなかったこと。


申し訳ありません。


でも、ステッチ部分は裾上げ前に比べるとチェーンがやや長い印象(ラウンジオリジナルのステッチは上のベージュがオリジナルです)ですが、それでも丁寧な仕上がりなので満足してます。

(確認はしておりませんが、ユニオンステッチは使用していないようですので、やはりチェーンの仕上り外観、形状においては違いがあるようです。)



編集後記(まとめ)


総括すると、気軽に利用出来て、仕上がりも綺麗なのでおすすめ出来る店舗ではないでしょうか。


「納期は急いでない」、「ノンウォッシュだから」、「アタリなどのUSED加工はいいや」といった考えをお持ちの方には、最寄りの店舗を一度ご利用してみてはいかがでしょうか。


お店は全国展開しているのでオフィシャルページもご参照下さいませ。


最近はデニム以外の素材を使用したボトムスにおいてもチェーンステッチが採用されているので、個人的には気軽に利用できる「銀の糸」も今後の選択の一つとして、検討している次第です。


その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読み下さいませ。


デニム/メンズ向けブランド/必ず抑えておきたいおすすめは?


メンズ/国産ダメージデニムのおすすめブランドがかっこいい!


メンズ/デニム選びに悩んだらまずはノンウォッシュがおすすめな理由


デニム新境地/ラウンジリザードのスキニ-はおしゃれで快適


デニム/メンズ岡山産の同品番2本を並べて加工の違いは解るの?


デニムお手入れ/あの嫌な匂いをアイロンのスチームで消臭します


ナノ・ユニバース・ライブラリー/通販サイトの際立った便利さ


以上、最後までお付き合い下さって、誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - ボトムス