「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

ギターソフトケース/おすすめ/おしゃれでシンプルなお手頃品

      2019/04/15



前回のギタースタンドに引き続き、本記事の題材としてフォーカスした収納用ソフトケースも世のギタリスト様にとっては、自身の好みとこだわりが反映され、客観的には音楽性にも通ずるセンスが垣間見えてしまう(ばれる)備品となってくるのではないでしょうか。


一概に「これがかっこいい」と言い切る事は筆者にとっても難しい選択です。


なぜなら、どんなデザインであれ(これはないでしょ!みたいな)、所有者様に似合っていれば結果としてスタイリッシュな風貌に映ってしまい違和感なくそれでOKとなってしまうからです。(不思議とカッコよく見えるのです)


多くのメーカーから、沢山のギターケースが出回っている昨今。


「この見た目、機能性でこんなにお高い値段なの?」と驚いてしまう商品も少なくないワケで。


やたらアウトドアを主張したスポーティなケースもあれば、「そこに持ち手をつける必要があるのか?」、「収納ポケット多くない?」、「ブランドロゴでかすぎ?」など、ピントを合わせようとするとなかなか好みのケースに巡り会えず、妥協点を潰しては、渋々購入する機会も少なくないわけでして。


そんな事から、今回は僅かでもお力になれるような迷いのなくなる無難でシンプルな一品を紹介していきます。





おすすめの一品




メーカー名:PLAYTECK(プレイテック)

品名:EG-BAG


価格:5189円(Amazon)


色:ブラック、ブルー、ワインレッド、カーキ、パープル、スカイブルー


落ち着いたデザインと豊富なカラー展開


まず、パッと目につく良い意味で地味な外観。これはかなり重要な好ポイントではないでしょうか。


ブランドロゴが大げさに表示されていない(むしろ見当たらない)事など持ち歩いていても照れる事はまずありません。


そして、さらに好みを追求しやすい豊富なカラー展開


私はブルー、ブラックを所有しており、お気に入りのブルーはこの落ち着いた青さが不思議と心をフラットな状態に保ってくれます。
(写真の通り、ブルーのケースはポケットを一つ自ら排除してしまいました)


他にもおすすめのカーキやレッドなど、どれも派手過ぎない落ち着いた色合いで、製作者のセンスの良さが伺えるソフトケースになっているのではないでしょうか。


また、バンド内で愛を育んでおられるカップル様には色違いでのペアルックもおすすめです。


彼女には可愛らしいパープルなど。
(ちなみに筆者は一度もバンド内恋愛を経験したことがありません。羨ましい)


Sponsored Link



気になるサイズ感


色々と評価の分かれ目であるこちら。


正直私は購入前に全く気にしておらず、今回改めてアマゾンレビューを拝見しハッとした次第です。


少なくともテレキャス、ストラト、デュオソニックは問題なく収納出来る事を確認しております。


エレアコなど厚みのあるギターは勿論NGで、レスポールについては、試していないので解りません。


一つ言える事はクッション性に優れた内装から、厚みが出ており、それが故に収納するギターによっては窮屈さを感じてしまうのかもしれません。
(リッターを以前所有していた事がありますが、サイズ感(厚さ)においては近い印象があります。)


編集後記


どうでもいいようで、何だかんだで欲張ってしまうソフトケースの選定。


好みと妥協点をすり合せる段階で気が滅入ってしまう時も少なからずありますが、


迷った時にはデザイン、機能性などバランス感覚に優れ、価格以上のパフォーマンスを発揮するPLAYTECKのギグケースを御利用してみてはいかがでしょうか。


私が所有しているブルーは今年で約8年目


案外頑丈でその期間から価格以上の役目を充分に果たしてくれています。


その他以下関連記事もありますので、もし宜しければお読み下さいませ。

エレキギター/テレキャスター改造サドル交換で音色に変化は?


ギタースタンド/おすすめ/3本~5本向けスッキリおしゃれな一品


以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - 機材