「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

リング(指輪)メンズのおすすめブランドこなれた感で差がつく3選

      2019/09/01



さりげない存在感で、身につけた人に華やかさを演出してくれるおしゃれアクセサリー。


その名も、リング。


大切な人へのプレゼント(誕生日や何かの記念日)を検討した際、頭の中では必ず浮かび上がってくる構想の一つでもあり、自ら購入するにしても、割とセンスを求められるアイテムではないでしょうか。


シルバーだったり、ホワイトゴールドだったり、シンプルな形状が良いのか?、それとも派手さを求めるのか?
(ちなみに私は好みと性格上、ゴツゴツしたものよりも、毎度無難なデザインを選定してしまいます。)


指先につけるワケですから。何となくスッと馴染んで欲しい。(個人的に。)


今回はトレンドに左右される事無く、長年愛用できるブランドを紹介していきます。






GARNI(ガルニ)



・参考予算:10000円~40000円程度


1997年、デザイナー古谷エイジ氏を含む3人のスタッフで設立。(代官山の本店は現在、恵比寿に)


ミュージシャンや俳優さんで愛用されている方々が多いブランドとしても知られており、個人的な有名ドコではストレイテナーのホリエさん、ベーシスト日向さんやBRAHMANのTOSHI-LOWさん、女優のりょうさん、玄理(ひょんり)さんなど。


前述の通り女子向けのコレクションも取り扱っており、他にオーダーメイドでオリジナルのペアリング、結婚指輪を1ヵ月程度で製作してくれるという小回りのきいた対応力も魅力的です。


既存のコレクションの中でも個人的に
クロッケリーシリーズ」や「ループリング」はおすすめで、シンプルな外観と随所にデザインされている凝った刻印が絶妙なバランスで成り立っており、さりげないお洒落を演出してくれる、間違いのないアイテムではないでしょうか。


またありがたい事に比較的手の出しやすい価格帯のアイテムも多く取り扱っているので、質の良さも含めプレゼントに最適です。


尚、販売に関しましては恵比寿、銀座など全国のガルニ店舗又はセレクトショップ、オンライン通販などに展開しています。





M.A.R.S(マーズ)




・参考予算:20000円~100000円程度
(もっと高い商品もありますが)



1990年設立のジュエリーブランド。


その歴史は長く、設立当初はデザイナー米山庸二氏が原型製作から生産までの全ての工程をこなしていました。


設立時から掲げている「機能性とデザイン」をテーマに、各時代のトレンドを消化しつつも、独特で創造性に満ち溢れた普遍的なアイテムをこれまでにリリースしてきており、芯のあるブランドコンセプトに魅了された多くのユーザーに愛されています。


また、「LOUNGE LIZARD」など、他のアパレルブランドとコラボした作品も頻繁にリリースしていますね。


他のジュエリーブランドでは使用していない技法など、多くの試行錯誤を経て生み出された、「COMPOSIT SERIES (コンポジットシリーズ)」では、緻密・繊細な構造でしなやかさと力強さ(隠れた男臭さ)を見事に表現しており、ブランドにとっても代表的なラインナップとなっています。


こちらのシリーズ、ごついアイテムばかりと思いきやシンプルでおしゃれな指輪もリリースされており、適度な存在感でさりげなくコーディネートに馴染んでくれるのでおすすめできるラインナップです。


尚、販売に関してましては、恵比寿の本店や全国のセレクトショップ、オンライン通販などで取り扱っています。





GUCCI(グッチ)


Gucciさん(@gucci)が投稿した写真 -




・参考予算:19000円~100000円程度
(もっと高い商品もありますが)


1921年にグッチオ・グッチがイタリアのフィレンツにて皮革製品のお店としてスタートしたのが始まりですが、その後、現在の世界的超有名ブランドへ。


ちなみにあのロゴマークGは1938年にローマに新店舗をオープンした頃に完成しました。


近年のビッグニュースとしてはデザイナーがフリーダ・ジャンニーニ(とてもお美しい)からアレッサンドロ・ミケーレ(若干ロックでパンクな雰囲気が漂う)に交代しましたが、

トム・フォードとフリーダ・ジャンニーニが築き上げた歴史は今後どのように変化していくのか。世界的にも注目しているそうですが。


そう、あのグッチです。グッチを3選の内の一つに選ばせて頂きました。


世に様々なジュエリー(ファッション)ブランドがあって、色々と気になるブランドは掘り下げたり身につけたりしてみたものの、有名ドコを通っていなかった!!というパターンなんですが。


今更ですが実際に身につけて初めて知ったグッチの良さ。


予想を越えるシンプルで洗礼されたデザインが多いです。


個人的に「G」や「GUCCI」の文字を全面に押し出したモノは好みではないのですが、(案外そういうアイテムは少ない)比較的幅広い年代に受けそうなデザインのリングが多い印象です。


おすすめは、ノットリング。ペアリングを御検討されているのであればグッチインフィニティのホワイトゴールドリングがおすすめでしょうか。


世のブランドそれぞれに良さがありますが、もし一度もグッチのリングを身につけた事がなければ、ぜひともおすすめしたいです。





修理(アフター)について


長年愛用していきたいお気に入りのリング、購入したものの万が一サイズが合わないですとか、経年劣化によるゆがみや汚れなどについては、


各購入店舗又はお直し専門店(検索すると数多く出てきます)にてご相談してみてはいかがでしょうか。


尚、ガルニについては大々的に修理に関する窓口がございますので、こちらを御参照下さい。


Sponsored Link



まとめ

多くのジュエリーブランドが存在する中、実際に身につけた感想も踏まえて選定してみましたが、


今回紹介させて頂きましたブランドにつきましては、特に着飾った印象がなく自然と馴染んでくれるコレクションを数多く取り揃えておりますので、御参考頂けると幸いです。


その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。

彼女に贈る無難なおすすめアクセサリーブランド3選(10代、20代)


ネックレス/メンズ/おすすめの大人っぽいおしゃれブランドお手頃3選


ブレスレット/メンズ/女子ウケ抜群!無難で大人っぽい3選


以上、最後までお読み下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - アクセサリー