3、40代にも馴染み深いattachment今シーズンの洋服を簡単にチェック

attachment(アタッチメント)の創設者であるデザイナー熊谷氏が2022年の春夏コレクションをもって退任される事がオフィシャルで発表されましたね。
ブランドはVEINの榎本氏が引き継ぎ存続されるという事で終わりを選択しない、これもまた一つの形と言えます。
今後、肝心のコレクションがどの様に変化していくのか気がかりではありますが。
良質な生地、独特のパターンとシルエット、そして品格のあるミニマルで無機質なデザインは継承されていくのでしょうか。

lounge lizard(ラウンジリザード)しかり、やはり時代の変わり目を感じずにはいられない昨今。
どのブランドも流行の波に常にさらされてはヒリヒリしたスリルの中で、トレンドと自分達の色をブレンドしては代謝を繰り返しており、一人のユーザーとして言えるのはその生きざまには日頃から沢山の喜びと活力を頂いていると言う事。

というわけで、今回は筆者が気になっているアタッチメント秋冬新作のコレクションを
やんわり紹介してみます。

スタイリング1

今季、一際目を引くフェイクレザーを使用した2タックトラウザーズ。
ややワイドめにレンジを効かせたパンツですが、attachmentのテーパードパンツにはシルエットが太くても美しく魅せる仕組みが施されているのでおすすめである事には間違いありません。
そしてレザーというロック色の強い素材を選定しておきながら皮パンとは違う今風の抜けた感じも好印象ではないでしょうか。
同素材のジャケットも展開されており筆者としてはこちらも気になっております。

こういったロングコートとも相性が良く実は使いやすいボトムスですね。

スタイリング2

ラウンジ好きなら思わずニヤリとしてしまう不変的なスタイリング。
シングルライダーススラックスを組み合わせ、コートを一番外に羽織るというお手本のようなレイヤードスタイル。
attachmentのスラックス(トラウザーズ)って、履きやすくてシルエットが本当綺麗なんだよなぁ。
ブランドが確立したattachmentならではの良さとも言えるポイントです。
コートに関しても、程よいゆとりのあるサイズ感+落ちついた印象+今風な要素を魅せたいならおすすめの一品であります。

スタイリング3

こちらのスタイリングで気になってしまうウール素材で作られたフライトジャケット
襟が写真のようなスタンドカラー使用となっており、好物な人にはたまらない一品に仕上がっているのではないでしょうか。
最近のattachmentのコレクションでは頻繁に見られるドロップショルダーからのゆとりをもたせた独特のアーム部への落としはトレンド要素をふんだんに盛り込まれたおしゃれなジャケットです。

編集後記(まとめ)

今季も相変わらずアタッチメント(熊谷氏)らしさの感じられるコレクションとなっているのではないでしょうか。
とはいえ、どのカテゴリもブランドの色を残しつつ時代に寄り添った変化が垣間見れる逸品揃いです。個人的にはイージーパンツ、ジャケットを買い足したいなぁなんて。

とりわけラウンジメインアトラクションの新作も来ないかなぁという妄想を抱きつつ。
以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました