「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

クレストブリッジのバックパックが案外実用的でおすすめです

      2019/10/30



ここ数年で、ビジネスシーンにおいておしゃれなリュックを背負い、通勤されているメンズが着実に増えつつある今日この頃。


何も学生様だけのアイテムではないと言わんばかりに。(多分)


個人的には両手がふさがらない、楽ちん、総括して汎用性が高いという利点を好んで使用していますが。


近年、多くのブランドがタウン/ビジネスユース向けに機能性や外観などそれぞれに特化した(バランスが良いモノもある)ラインナップをリリースしては、星の数ほど陳列されています。


用途、目的に合った商品がピンポイントで見つけやすい時代ではありますが、私のように何でもいいや的なぼんやりした方にはやや酷かもしれません。


そんな中、つい先日、新たに購入した、とあるバックパック。


今回はこちらにフォーカスしていきます。

(これまでは使えれば何でもOKという観点から、3000円のモノをボロボロになるまで愛用していました。)






ブラックレーベル・クレストブリッジ( BLACK LABEL CRESTBRIDGE )とは


2015年6月、三陽商会がこれまでに展開していたバーバリーブラックレーベル(ブルーレーベルも)のライセンス契約の終了に伴い、新たにバーバリーグループとラインセンス契約を締結し、立ち上げたブランドがブラックレーベル・クレストブリッジBLACK LABEL CRESTBRIDGEになるワケですね。


ちなみにここでいうライセンス契約というのは、あのバーバリーの代名詞ともいえるノバチェック、誰もが一目でバーバリーと認識できるチェック柄、


こちらの使用許可を三陽商会は得たということになりますね。


クリエイティブ・ディレクターに三原康裕氏を迎え新たに展開していくそうですが、今後に期待大です。(既に2017年ですが)


【終了しました】新バーバリーライセンスブランド「クレストブリッジ」デビューショーをライブ配信
 三陽商会が、新ブランド「ブルーレーベル・クレストブリッジ(BLUE LABEL CRESTBRIDGE)」と「ブラックレーベル・クレストブリッジ(BLACK LABEL CRESTBRIDGE)」のデビューショーを、3月31日に都内で開催する。新しいバーバリーのライセンスブランドで、初披露するランウェイの模様をライブストリーミングすることが決定。TOKYO FASHION FILMとFashionsnap.comの共同により、リアルタイムで配信する。



購入品について


詳細


ブラックレーベル クレストブリッチ バッグ メンズ ソフトレザー クレストブリッジ チェック リュック バック パック ライセンス商品 PREMIUM COLLECTION (ブラック)
品名:ソフトレザーバックパック

品番:511-50-407-09

カラー:ブラック

サイズ:FREE

価格:56160円



感想


高さ43cm、幅30cmという大き過ぎず、小さ過ぎずのバランスのよいサイジングで、牛革を使用したオールレザーの一品となっている為、気品と高級感が漂っています。


当初、自分にはちょっと背伸びし過ぎかな?という印象でした。


最近、機能性に充実したスポーティーな(表現が微妙)、いや、アウトドアの要素をお洒落に落とし込んだバックパックを街中でもよく拝見しており、なかなかこのようなレザー仕様のリュックを背負っている方を見掛けない事もありまして。


ただ、作りはシンプルですし、背負ってみると思った以上に背中にフィットする感覚が心地良さ抜群。


シンプルなだけに表面のポケットは最小限の装備。


ノートPCやスマホ専用の収納ポケットがあるわけでもなく。機能性はどうなの?といった感じだったんですが。
(個人的に専用ポッケは好きです。)


使い慣れてしまえば特に気になりません。




(長財布と定期入れが余裕で入ります。)


むしろ、最適化されているといいますか。


良いと感じたのが



実用的


「安定感」


と言っても、何の?って感じになってしまいますが、「持ち手部分」を持ってメインの収納ジップを開ける際、リュックの重心が安定しているのでカバンの中からサッと荷物が取り出せる事。




頑丈な持ち手の存在と全体の適度な重量感がかなり効いてる印象です。
(価格に見合ったパフォーマンス)


見た目だけではなく、全体的に細部に至るまでしっかりとした構造になっています。


想像以上に使いやすく、実用的で正直驚いている次第です。


メインの収納スペースに内装されている小さいポッケも便利ですね。





デザイン




黒のレザーというその風貌から、コーディネートに違和感なく馴染むデザイン。


スーツスタイルには問題なくマッチするのですが、個人的にはカジュアルな服装でこそ映えるバックパックではないかと。


あえてカジュアルな服装におすすめしたいです。


私の存在は別として、街中で力の抜けた服装でこういうカバンを背負っている人を見掛けたら、思わず「おっ?」と目で追ってしまうような。


そんな魅力のつまった一品ではないでしょうか。


Sponsored Link






編集後記(まとめ)


男性のリュックスタイル。


年齢的な制限はあるのでしょうか。


大好きなあの子は肯定してくれるのかな?


もしかしたらビジネスシーンではトータルコーディネートとしては、ブリーフケースやディパックの方がカッコよく映るのかもしれませんが、


それでも、今回のクレストブリッジのようなバックパックを背負っていれば負けず劣らずの見栄えに仕上がるのではないかと。


ドレッシーな印象ですがカジュアルスタイルにもバッチリ!!ハマるので、周りとは一味違うモノをお探しであれば、このような選択肢もアリではないでしょうか。


私にとってはすっかりお気に入りの一品となっています。


以上、ご参考になれば幸いです。


その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。

クリスマスプレゼント/彼氏への失敗しない3選は?男の本音

最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - 洋服