「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

ビタミンC誘導体/サラシア社パワーセラムの感想と効果を男が語る

      2019/04/04



お肌の曲がりかど。


そんなモノはとっくの昔に過ぎ去った。(アラフォーだし)


全身が少しずつ老化の方向へ導かれ、衰えを隠せない今日この頃。


エイジングケアを目的とした美容液なんて全く興味がなかった筆者でありましたが、スポーツが案外大好きで幼少時代から紫外線を浴び続けること、約3○年位?。


バランスの取れた食生活や安定した睡眠もままならない現在(いま)、お肌の中で躍動し続ける活性酸素の有害な働きを抑える自信がなくなり、少し前からビタミンC誘導体に手を染める事に。


と、言いつつ


本来は母親の「しわが気になりだした。お金に糸目はつけないわ。何かよいものない?」


の一声から全てが始まり、現在自らの身を持って実験している最中であります。(男だけれど)


若かりし頃、色々と迷惑をかけたこの身。親孝行も込めてのプロジェクト。


今回は、サラシアからのベストセラー品、パワーセラムを半年間、継続使用した結果と感想をまとめていきます。








ビタミンC誘導体の目的


紫外線による活性酸素の無害化、シミ、にきびの改善(予防)、肌のターンオーバーにおける正常なサイクルを促す、コラーゲンの生成促進。


以上、5項目に対して、特に効果があると期待され、開発されたのがビタミンC誘導体になります。


いわゆる、野菜や果物に含まれているビタミンCでも御存知の通り、その成分は「もろくて壊れやすい」。


そんな繊細な成分ですが、誘導体化した事によって効果的に肌に浸透させるよう(肌に浸透してからビタミンCに変化するという神業)な構造となっています。(文明の進歩が成せる偉業)



ビタミンC誘導体の種類


主に化粧水や美容液に配合されている水溶性、美容クリームに使用される油溶性、そして両方の性質を併せ持ち浸透力に特化した3種類が一般的には認知されています。


その他、配合される濃度にも焦点が集まりますが、例え高濃度であっても、肌への浸透力が弱ければその美容効果は期待出来ない為、適度なバランスに優れた商品が良いのではないかと。


個人的には濃度を優先するよりも浸透力を意識されてその効果を期待できるかと考えています。


また、ビタミンC誘導体は上述した効果を期待出来る反面、皮脂分泌のコントロール作用にも働きをかける為、人によってはお肌に合わなかったり、濃度が高すぎると、部分的に乾燥してしまい敏感肌になってしまうリスクも合わせ持っています。



パワーセラムC200を使ってみました



成分





特徴


サラシアから販売されているベストセラー商品だそうです。


ちなみに以前同メーカーから発売されていた従来品は100倍の浸透力であったのが、C200はその名の通り200倍。


そして、誘導体の種類として水溶性、油溶性両方の性質を併せ持っている事により、これまでお肌の3層(毛穴→乾燥→しみ)までにしか行き届かなかったビタミンCがなんと5層(毛穴→乾燥→しみ→シワ→たるみ)まで到達すると云う偉業に。


またお肌に吸収されたパワーセラムはメラニンによる活性化酸素の働きもブロックしてくれます。(従来品よりも3倍効果があるそうです)


正直、私にとって比較対象はなくこちらのパワーセラムが人生初のビタミンC誘導体となっていますが以下に正直な感想をまとめていきます。


使い方





面倒くさがりなので特に意識して手間のかかることはしておりません。


毎日お風呂上りの化粧水後、パワーセラムをお鼻周り、目の周り、額の三箇所を中心に塗りました。(他は大人にきびができそうな箇所を部分的に)
(1円玉サイズという表現が良くわからなかったのもありますが、一箇所にスポイト1/3位~半分の量を使い切るようなイメージで人差し指に乗せて塗っていました。)






Sponsored Link






半年後の変化について



最初の1ヶ月くらいは乾燥なのか、不要な角質が取れているのかは解りませんが、寝起きは塗った箇所の皮膚がポロポロ取れていました。
(こちらの症状は今も続いていますが、特に気にならない程度)


そして、以下の変化がありました。


毛穴の黒ずみが明らかに目立たなくなった。(毛穴パックをする必要がないほどに)


大人にきびが出なくなった(出来ても患部に塗っておくとすぐに治る。これ本当)


しわについては、いまのところよく解りませんが、どうやら幾つかの美容効果は目に見えて感じるようになりました。


その他、特に気になったことは肌が柔らかくなった感じがしますね。




編集後記(まとめ)


エイジングケアという言葉が一般的に認知され、世の多くの化粧品会社が我先にと様々な美容効果のある、エイジングケア商品を流通しておりますが、価格帯、そして効果についても色々な声が飛び交っています。


今回は、ビタミンC誘導体を実際に使用して、レポートをしてみましたが4700円(税別)という個人的には真ん中位の価格帯かな?と商品については価格同等の効果がみられるように感じています。


その他、しみなどにも効果があるそうですが、真皮にまで到達しているのであれば継続的使用によりその効果はもしかしたら薄っすらとですが期待できるのではないでしょうか。


ただ、手始めに毛穴の黒ずみや広がりなど女性が気にされるお悩みなどには体質の合う方であれば期待が持てる商品であると考えています。


肌の調子がすこぶる良くなるのは身をもって体感できました。
(母の望んでいるしわにはもう少し継続的に使用して検証してみますが。)


その他、以下関連記事もありますので、もしよろしければお読み下さいませ。


無印良品乳液しっとり、さっぱりの違い。成分と保湿力は?


無印良品の化粧水)しっとりとサッパリの違いと成分について男の見解


乾燥肌のメンズ向け化粧水おすすめ3選(実際に使用した感想)


化粧水ヒフミドを乾燥肌で悩む男が使用した結果


メコゾームのしみ取りクリームの効果は予想以上に強烈でした


以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - 美容