「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

ラーメン一石にて会津地方ゆかりの味を堪能してきました

      2018/11/13

img_0581

東北は福島県須賀川市に構えるこちらの店舗。

先日、ヤボ用で郡山へ行った際、道中の帰路で偶然こちらに立ち寄って、なんとなく頼んだラーメンが美味しかったので今回投稿させて頂きました。

まさにおすすめの味。

周辺には、パチンコ屋とセブンイレブンがある位で、時間の流れを柔らかく感じる事の出来る、個人的には大好きな雰囲気の土地です。

外観も店内も非常に綺麗で清潔感のあるお店でした。

個人的なイメージとして福島の名物といえば「ゆべし」


初めて食した時、衝撃的な美味しさに驚いた次第です。独等のもちもちした食感でこちらもかなりおすすめ出来ます。(特に女子に)


また、この地方特有の方言というかなまりというか、普段の日常とまた違った感じで今回身も心も胃袋にも、とても良い気分転換となりました。





アクセス




メニュー


醤油ラーメン 650円

チャーシューメン 850円

みそラーメン 730円

みそバターラーメン 830円

みそ辛しラーメン 780円

みそチャーシューメン 930円

みそタンメン 800円

辛しみそタンメン 850円

みそ五目ラーメン 850円

塩タンメン 750円

カレーラーメン 700円

濃厚魚介つけめん 800円

大盛り割増 260円

Aセット 麺+320円(半ライス+餃子4個)

Bセット 麺+320円(いなり2個+餃子4個)


その他丼もの数種類、麺類も上記以外に数種類まだあります。
トッピングにはバター、チャーシュー、メンマ、わかめ、コーン。
金額は覚えていません。

感想

img_0582

※私はラーメン通ではありません。

昨日まで台風16号の影響で天気は大荒れでしたが、この日は曇りでたまに青空が顔を見せるようなemoい天気でした。

須賀川周辺のグルメに関する予備知識は皆無。

お昼時、お腹が空いたので飯どころを探していたところ、偶然ラーメン一石を発見。


こちらに出会わなければコンビニで済ませる勢いでしたが救われました。

早速、車を停めて店内へ。


冒頭でも述べましたが、店内は非常に綺麗で和を基調としたインテリア。

カウンター席、テーブル席、座敷が設置されていて、とても開放的な空間、キッチンも広々としています。

満席とまではいきませんがお昼時だったのもあり店内は賑わっておりました。


テーブル席に通され、メニューを拝見。


何でもよかったのですが、おすすめの「みそ辛しラーメン」を頼んでみる事に。

そして注文してから7分程度(もっと早かったかな?)で本日のお昼ご飯の登場。

割と早く出てきた印象です。

img_0577

(二口程食べた後に写真を撮り忘れた事に気づく。笑)


ラーメンの上には、もやし、ほうれん草、コーンがトッピングされています。

まず始めにスープを一口。

「おっ?」

最初に辛さが、そしてその後に非常にまろやかな味噌の味が。(辛さは勝浦 中華宮下のタンタンメン程辛くはありませんが、味の感じ方(順番)が一緒)


美味しい店舗に共通している立体的な奥行きのある深い味です。


味の濃度は濃いですが、こってりした印象ではありません。

会津地方と云えばしょうゆベースの喜多方ラーメンが有名で独特のちぢれ麺が使用されておりますが、今回の「みそ辛しラーメン」においても麺については同仕様となります。

このちぢれ麺とスープの相性がまた非常にマッチしています。


麺もトッピングの野菜も私にはちょうど良い熱さで(ちょっと熱いくらいが好みです。)、総合的に見て、私にとってはかなり満足できるラーメンでした。


会津地方特有ちぢれ麺と味噌スープの組み合わせも非常に新鮮で、またこの周辺を訪れた際は、こちらの店舗に立ち寄って別のメニューを堪能してみます。


その他、グルメに関しましては以下関連記事も投稿しておりますので、もし宜しければご参照下さいませ。

「御茶ノ水の老舗はちまき」天丼の味は如何に

勝浦ブラック(黒)タンタン麺<上総興津の洗礼を受けました>

プレゼンテスギへ行ってきました<千葉おすすめレストラン>


以上、最後までお読み下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - グルメ