コロナ?ただの風邪?隙を見せてしまった私が実際に体験した事とその行動記録

COVID-19(新型コロナウイルス)。
初期症状として発熱、呼吸障害、咳、喉の痛み、味覚異常など他にも多数報告されており一般的な風邪や肺炎にも似通った傾向である事から、日常の中で私達一(いち)個人で感染の自覚、判断をするのは限りなく難しいとされています。
また専用のワクチンも未だ普及には至っておらず、現在多くの方々が不安を抱えた生活を送っているのではないでしょうか。
そして違和感を覚えた多くの人々の受け皿として必然的に医療機関には想像を超える負荷が掛かってしまっている事。そんな状況で、もしこの身が危険にさらされたなら。

先日、私はPCR検査を受診してきました。

結果を先にお伝えすると陰性だったのですが。
今回はそこに至るまで、その後の日々における変化や感じた事などを書き記していきますので、一つの例としてどなたかのお力になれたら光栄です。

突然の発熱(月曜日~火曜日)

ある休み明けの月曜日、午後に軽い寒気と倦怠感を覚える。
時刻は15時頃。
職場のクーラーが強いので、そのせいかな?と特に気にせず。
同日の22時頃、体温計は36.3を示していた。
「ほらっ、やっぱり気のせいだ。」しかし、日付けが変わった火曜日午前2時、耐えられない程の寒さで目が覚める。
体温計は38.5を示していた。気のせいだと言い聞かせ、何度か検温してみるが結果は変わらず。むしろ、測る度に上昇しているような。。とりあえず焦る。「なんじゃ、こりゃ!」

この時の症状

発熱、寒気、倦怠感過去の経験から体温が38度を超えると、毎度身体の節々に痛みを伴っていたのですがその症状は無く、逆に不安を覚える。呼吸が苦しくなければ、喉も痛くない。咳もない。食欲はある。

感染原因となる心当たりは?

二週間前までの行動を辿ってみると。
繁華街へ出歩く事、人の集まるイベントや居酒屋に出向く事は控えていたので一体なんだろう?やましい事も包み隠さず、感染のリスクが高くなるような場所や、人にも接触した行動履歴は一切なし。
そして唯一、挙げられる心当たりは日々の通勤電車。
しかし都内へ行く機会は限られており、ここ二週間は県内での行動のみ
ただ、進路は行き帰り東京方面の人々に紛れる。
自粛も解除され結構な乗車率である事には間違いなかった。

病院へ連絡する(火曜日)

火曜日の朝5時半起床。
体温は変わらず38度以上。症状も変わらず。
ただの風邪かもしれないし、そうじゃないかもしれない。念の為、ネットで情報を集め始めるがピントが定まらない。
ガイドラインらしきものはあるが、何を信じればいいのか。
結果、病院に電話をする。(朝7時)
当直の先生に繋いで下さって、症状や状況、感染者に接触したり、その可能性の高い場所へ出向いたのかなど行動履歴も聴取。
その後、正式な診療をして下さるとの事で(ただし電話診療)自宅で待機する事に。

二時間後の9時に看護師さんから電話が入るが、引き続き待機とのこと。
(私だけが患者じゃないし、申し訳ない。)
幾つかこちらから質疑させてもらったが、心なしか看護師さんは不安気なご様子。

何だかまた申し訳ない気持ちに。
そして、正午12時を過ぎた頃、医師から連絡があり電話診療の開始。
最初に答えた内容に基づいて、現在の症状に変化があるのか問診されるが、現時点での判断は難しそう。
(私が医師でも、この段階で的確にはね)
結果、経過をみることに。
検査は木曜日に設定。解熱剤を処方して頂く。
(2020年4月頃の情報ですが、37.5以上の熱が4日間続かないとPCR検査を受診出来ないといガイドラインもあったようです。
ただし、今回先生とのお話の中で、患者の状態、希望によっては早急に検査を出来るような
印象がありました。)

病院に出向かなくとも、自宅近くの調剤薬局に処方箋をFAXして下さり、そちらで受け取る。そしてこの日は、薬を飲んで安静にしていた。

この時の症状(解熱剤を飲むまでの)

体温39度近く、倦怠感、身体が熱い!、喉の違和感が始まっていた。
それでも食欲はある。

病院?保健所?一体どっちに連絡すればいいの?

ちなみに私、今回病院からの連絡を待っている間に保健所にも電話してしまいました。
(ごめんなさい)
そこから解ったこと。
大まかな流れとして、病院の先生から患者さんに関する相談が保健所に行き、そこから具体的な対応を絞りこんでいくそうです。
よって、

感染者との接触履歴、海外への渡航履歴が明らかに心当たりのある場合は
 →保健所に連絡

そうでなかった場合(心当たりがないのに発熱などの症状が出た場合)
 →病院に連絡


これらが初動の連絡先である事が、わかりました。
(冷静に考えれば当たり前だよね。。きっと。でも判断がつかなかった。。)

会社への連絡と心の葛藤

そう、火曜日の朝、病院への連絡後、今度は会社への連絡が。
朝、目が覚めた時点で、正直かなり迷いました。
まず体調が悪い事自体を伝えるかどうか。
迷う必要ないでしょ!とツッコミが入るかと思いますが、正直に伝える事によって、今後仕事がやりづらくなるのかなぁとか。
ちなみに弊社では、体温37.5以上であった場合は出勤停止。

工場内にも体温計、記録表が設置されております。
ただ、体温計は校正が外れている点、社内が色んな意味でゆるいので自己申告しなければ、そのまま出勤して普通に仕事出来てしまうような体制です。

今回に至っても、既にお伝えした通り、今までの風邪(発熱)に比べると体温の割には、身体が思った以上に何ともないので、普段通り出勤しようと思えば全然行ける。
(きっと、コロナが流行していなければ普通に出勤してました)

何より弊社では、体調が悪くても働く、内容よりも残業時間、という事が美徳とされている文化から思考がおかしくなってました。
結局、世の流れを知っているので渋々会社へ連絡するが、熱がある事を伝えると「で?どうするの?」という予想通りの解答が。苦笑

ここから言える事は、つまり規定(表向き)の37.5を超えているが、出勤するしないは自分で決めろという事。。

とっさに「薬もらって出勤しまーす」と言ってしまいそうになったが、その前に相談していた密な人間の助言を聞き入れ、当然休みを選択。
改めて「いやー、自分、相当会社に洗脳されてるなぁ」と再認識。
それでも、この先何があっても、「身体さえ動くなら、どうにかなるさ」という方向にシフトしていく。(別にこの場所に依存しなくてもいいっしょ的な。安易ですかね?)

結果、金曜日まで休暇予定に。

水曜日の状態

朝5時に検温。37.2。
熱が下がってる。解熱剤も効いているよう。
正確に言えば、前日に一錠服用してから、そこから熱は下がり続け水曜日の朝に至る。
一錠しか服用していないということに。それでも同日の夕方以降、36度台まで下がる。

この日の症状

体温37度→36度台に。倦怠感はほとんどなし。食欲ありまくり。
結果かなり元気な状態を認識。
それでも喉の違和感が、ちょっとした痛みに移り変わる(何か嫌だなぁ)

検査当日(木曜日)

午前中、病院に連絡を取り、午後のとある時間帯と具体的な待機場所を指定される。
そして、以下注意事項が促される

・公共の交通機関を使用してはいけない
・指定の待機場所に到着したら病院へ一報いれる

車内(自分の)で待機していると約束の時刻が。
全身防護服の看護師さんが車まで来てくれた。
窓を開け、名を名乗り、書類を数枚頂く。
最初に保険証、預かり金10000円(後で戻ってくる)を渡す。
(もちろんこちらの所有物はビニール袋にin)

書類の構成
・検査に関する説明書きと注意事項
・検査後について
・接触者リスト(陽性であった場合、発症日二日前以降の接触者を記入し保健所へ提出する義務)

そして、いよいよ別病棟というか検査専用の小屋に向かい、検査開始。
椅子に着席し、そのままの状態で鼻に綿棒らしきものをグッとつっこまれる。
当然のごとく「うえっ」とむせる。
終了。

結果は同日の夜から明日金曜日中には携帯に連絡がくるとのこと。

・陽性であった場合→保健所から連絡がくる
・陰性であった場合→病院から連絡がくる

胸がざわつく二択。
そして帰宅する。

この日の症状

体温→平熱。
倦怠感なし。
喉の違和感も気が付けばなくなっていた(良かった!!)

検査結果について

木曜日20時ごろに病院から連絡があり陰性とのこと。
かなりホッとする。
連絡を下さった先生の嬉しそうな声が電話を通しても伝わってくる。よかった、よかった。

金曜日に無事診断書を受け取った。
※ちなみに電話診療の支払いは後日でもOKです。

病院の先生、看護師さん、事務員さんへ

ありがとうございました。最初から最後まで最大限のご配慮を下さり、丁寧にご対応下さいました。なんというか、一人の患者として愛が感じる事が出来ました。
病院によって対応が違ったり、相性の良し悪しがあるかと思いますが、私はかなり恵まれていたと思います。
本当、感謝しかない。

病院名も本当は公表したいけれど、やっぱり双方の為にも何となく止めておく。
とにかくありがとうございました。

その後の身の回りにおける変化について

職場においては、解りやすく真っ二つって感じですかね。笑
本当に自分のことを思ってくれている方と、あからさまにそうでない方が明確に。
(笑ってはいけないが、何故か私は笑ってしまう場面も)

元々、地域外の従業員(私含め)は少なく、世間とは離れた独特の風土(民度)もありますからね。(まっ、それでも感謝)

でも、そもそもそういうものだろうし、性格上、誰かに期待感を寄せる事もなく。
とはいえ、自分に親切にして下さっている方にはこれまで以上に感謝の表現をしていかねば。

総括すると、私にとっては良い感じに人間関係がソリッドかつミニマルな感じになり(整理されていき)強がりでも嫌味でもなく、実はキリの良いきっかけとなって良かったなぁと思っています。
(私、変わっている??)

編集後記(まとめ)

ちなみに発熱している間は、ずっと食欲はあったので家に備蓄していた(たまたま)冷凍食品、野菜、果物、米、水をひたすら飲み食いしていました。
食欲があるという事は人間にとって生きる希望の一つ。
そして、世間のニュースでは当然の事ながら職場でのクラスターも徐々に増えつつありますが、感染源となってしまった当事者の方だけに罪があるとは決して言えないかと。
きっと前もって誰かに何かしらのSOSを送っていたかと思います。(多分)
僅かですが今回の経験でその人たちの心境が解った様な気も。。
結局、周りが作り上げる空気感に呑み込まれてしまって無理した結果、、みたいな。
(まぁ、全員がそうとは言えませんが)
とにかく一日でも事態が良い方向に向かって行くことを心から願っております。

以上、最後までお付き合いくださいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました