「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

<未婚率増大>結婚への意識は?独身男性出会いの場は何処へ?

      2019/07/07

無題
世界全人類の男女において永遠のテーマである「出会い」、そして「結婚」。

新たな出会いの季節、春が終わり、そして開放的な出会いの夏が近づきつつある今日この頃。

しかし、中年サラリーマンの未婚率は年々増加傾向に。

本日、とある記事を拝見させて頂いたのですが、何と!20代男性の約半数の方々はこれまでに交際経験がないとのこと。

30代男性に至っても38%と決して少なくはない数字で少子化に拍車をかけるデータが注出されております。

今回はこちらの記事に強くインスピレーションを受け、私にとって苦手分野ではございますが、自らの経験を交えつつ精一杯お話させて頂きます。

とは言え私自身、現在、独身貴族の身でこのままですと貴族から皇族になってしまう様な状況であります。

※独身皇族=独身のまま40代を迎え、最終的にはそのまま一人で朽ち果ててしまう寂しい男性を意味する。(myオリジナル言語)

これまで恋愛経験がなかったワケではなく、20代の頃には、6年程同棲した経験がございます。とは言え今が現実となりますので、現状を人ごとの様に捉えるワケにはいけませんね。

なぜ、モノと情報に溢れた現代において、このような事態が起こっているのでしょうか?

例えば、、、




■出会いがない


これはよく耳にします。

学生時代を終えて社会に出てみたモノの思った以上に異性との交流が少なく、むしろ学生時代までの方が出会いがあったと云う流れ。

意外に多い意見ではないでしょうか。逆に20代で結婚するカップルには学生時代の付き合いからゴールインするパターンが多い傾向にあります。

考察

出会いに関しましては確かに年を重ねる度、一般的に少なくなっていく印象はありますが、全ては自分次第ではないでしょうか?

なぜなら、最近では①街コン、②異業種交流パーティー、③婚活イベント、④部屋コンなど男女の出会いを後押ししてくれるイベントが盛んに開催されており、そのような場に積極的に顔を出せば何かのきっかけにはなります。

行動すれば良くも悪くも何かしらの結果が伴ってくる事を身をもって経験しております。

他の事柄と同様、出会いに関しましても全て自分の意識次第ではないでしょうか。

どんな人でも行動すれば絶対に結果が出るはずです。

まずはきっかけの第一歩として、参加者の目的が一致している①~④に勇気を出して挑戦してみるのはいかがでしょうか。


ある知り合いのナンパ師は、世の現状に対して「デキる男達は最低5人の女性を虜にしているから」との自論を立てておりましたが、なぜか妙に説得力があり「なるほどなぁ」と納得してしまいました。


確かにその論理に基づけば、彼女の居ない男性の比率が多い世の仕組みに頷けます。

ちなみに私の勤め先は独身皇族(40代)、独身貴族(30代)、独身boy(20代)の割合が非常に多いので、いわゆる先の論理に基づくと悲しい現実ですが、デキない男達の集まりとなってしまいます。
世の統計的には

このような結果となっており

案外私の勤め先は世の流れに倣っている事が証明されております。

ただあまりにも、恋人のいる比率が男女共に少ないですよね。

「類は友を呼ぶ」というわけではありませんが、普段自分の周りにいる人達って何となく遠からず近からず自分に似ている気がしませんか?

なので、恋人いるグループには不思議とそういう集団になるというか。

この論理に基づくとますます私の勤め先は悲しい現実となってきますね。

きっと引き寄せているのでしょう。

■その内どうにかなると思っている

結論としてどうにもなりません。

行動しない限りは結婚はおろか、相手を見つける事すらできません。

考察

ただ現実として交際相手の居ない、または未婚男性の比率は年々増加傾向にあります。

意識調査においても20代、30代において全体の約7~8割の方が結婚に対して消極的な考えを持っておられるようです。

また、【国勢調査2010年版】においての「世代別未婚率の推移」の中では、現状30代前半でも男性未婚率は約半数。

そして私も該当する35歳オーバーにおいては、2005年に35~39歳だった男性の未婚率は30.9%、5年後、40~44歳になったときの未婚率は27.9%となっており、なんと未婚男性の3%しか結婚に至らないという恐ろしい統計が出ております。

35歳以上になると結婚できる確率が下がる原因

これまでのデータから私自身、厳しい現実を突きつけられた状態になりますね。

ただ、35歳を超えると急激に結婚出来なくなるのはなぜでしょう?自らの気持ちを交えつつ話しますと、周りのオーバー35独身貴族を眺めていたり、会話していても感じるのですが、一番は一人の生活が充実し過ぎていたり、一人での過ごし方に慣れてしまった為、結婚に対する意識が極端に薄れ、相手を探す行動すらしなくなる。

その節目が35歳に当たるのではないでしょうか。

確かに私も35歳付近から、それまでの自分との気持ちの変化を極端に感じておりました。あんなに寂しがり屋の私が。。。

■まとめ

今回、このように色々なデータを参考させて頂きましたが、今、私が思う事は。。。

「やっぱり、結婚したい!!」「子供が欲しい!!」です。


ただ、恋愛において私は過去の経験から、付きあった女性に対してと云うよりも、相手の考えに合わせようとする自分、相手の要望を聞きすぎてしまう自分にある時、疲れ果ててしまいそこから気持ちがなくなっていくと云う経験が何度もあり、そういった理由からいまいち行動に踏み切れないのが現状です。


これだけ聞くと勝手な奴だな!!と思われてしまいそうですが、

それでも「結婚はしたい!!」です。

以上、最後までお読み下さって、誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - 日常