「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

はじめてのAutoCAD短縮(ショート)コマンドの手引き(補足)

      2018/11/07

cad2

こんにちは。

当コンテンツを拝見下さり、誠に有難うございます。管理人の佐々木です(^^)

前回、autocadショートコマンドについて初心者向けの記事を投稿させて頂きましたが、前回の記事を書いた後、初めてCADに触れた当時を思い起こしていたのですが、

「あぁ、最初はこれも解んなかったなぁ」と記憶が蘇ってきた為、今回は幾つか不足していた内容を追加で説明させて頂きます。

ちなみに前回の記事はこちらになります。

そして、前回の文面を読み返してみるとなんだか偉そうな感じで、自分に嫌気がさしたと同時に、反省した事を深くお詫び申し上げます。

それでは、気を取り直して始めます。^^





最初に覚えておくと便利なコマンド(追加分)


■zoom(拡大) キー入力 z


①コマンド入力後、拡大したい部分を選択。

※こちらに関しましては、コマンド入力した後は、マウスのクリック動作のみで完結します。


●補足事項

尚、拡大した後、画面を全体表示したい場合は、zキー → スペースキー → eキー → スペースキーの展開で表示されます。


zoomに関するコマンドは他にも幾つかオプションキーが存在しますが、最初の段階では拡大と全体表示を覚えておけばどうにかなるかと。

というか、分野によるとは思いますが、頻繁に使うのはだいたいこの二つになってくるのではないでしょうか。



AutoCAD LT はじめての作図:AutoCAD LT 基本コマンド一覧

そして、こちらの便利なショートコマンド早見表で一部キー項目が抜けている箇所がありますので、頻繁に使用するものに関して下記に補足させて頂きます。


■bhatch(ハッチング) キー入力 h

詳細はこちらを御参照下さい。

AutoCAD LT はじめての作図:AutoCAD LT ハッチング 作図


■explode(分解) キー入力 x


詳細はこちらを御参照下さい。

AutoCAD LT はじめての作図:AutoCAD LT 分解・部分削除


その他覚えておくと便利なコマンド



■選択除外 キー入力r


こちらは、copy、elase、blockなどなど。コマンド実行に複数のオブジェクト選択が伴ってくる場合に、非常に役に立ちます。

①各コマンド実行 → 対象オブジェクトを選択

-対象オブジェクトを選択したものの、必要のないオブジェクトまで誤って選択してしまった場合、そのままの状態で(コマンド実行中に)-

②rキー入力 → スペースキー → 除外したいオブジェクトを選択 → スペースキーにて実行。

何気にCADを初めて2カ月位は、この動作を知らなかった為、どう対応していたかと云うとコマンド実行中にEscキーを押して全てキャンセルしておりました。お恥ずかしい話であります。


まとめ


今回の投稿内容に関しましては前回記載し忘れた、知っておくと便利な項目を盛り込んでおります。

ある程度慣れた方々からすれば当たり前の内容となってしまいますが、案外、覚えたての頃は頭の中で「なんで?なんで?」が頻繁に繰り返される為、周りの同僚に聞きづらい方など御参考にして頂けると幸いです。笑


以上最後までお読み下さいまして、誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - パソコン