ボストンサプリで副作用のない健康的な育毛活動を求めた結果と現実

というワケで育毛日記。

これまで長期に渡って抜群の効果を誇っていた例のプロペシアを止めて、その後はビビスカルという流れで安定し、なんなら、その効果を感じていたにも関わらず、実は水面下では名残惜しを持ちつつも、すでに別のサプリメントに手を出していた次第であります。

ここまで体を張って実験的にアプローチするのも、どうせならこの手の体験談を少しでも提供できたらいいなという、美しく言うとボランティア精神。いや、もはやただの好奇心だけが先行し、暴走気味でもあるような。

とはいえ、育毛活動にあたって一番重要視しているのは副作用などによる不安を失くして健康を維持して実践していくという当面の目標もあり、今回は株式会社エスロッソからリリースされているGrowth Projectというヘアケアシリーズの一つあの【BOSTON(ボストン)】に手を出してみました。

キャッチフレーズに元プロ野球選手愛用(これが必要かどうかは謎ですが)、顧客満足度92.6%、累計出荷本数も数十万本としており期待度は高いです。

こちらも個人的な目安である3か月使用した感想を以下にまとめていきます。

ボストンはAGAに効果的なの?

価格:7538円(amazon、楽天)

内容量:90粒(一日3粒)

結論から申し上げますと、プロペシア程の効果は見込めないと考えています。

それでも、緩やかではありますが抜け毛の進行を遅らせる事が出来て、人によっては毛の密度も増しているという口コミがある事からAGA軽度(初期)の方にはおすすめできるのではないでしょうか。
個人的におすすめするのは、サプリメントと+αで頭皮に直接散布するミノキシジルやフィナステリド配合の同様の育毛剤がありますので、こちらと併用してボストンを飲み続けると健康を維持しつつも、より活発的な育毛効果が期待できると考えております。

ちなみに散布する育毛剤は、実際に効果を体感できたフォリックスFR12が筆者的にはおすすめです。

※フィナステリドが含まれておりますが、錠剤のように体内で吸収するのではなく、頭皮に直接散布する事から副作用の心配も軽減されます。
ちなみに、改めての念の為。言うまでもありませんが無くなってしまった毛根を復活させる力はボストンにはありませんので御留意下さい。

ボストンに配合されているノコギリヤシ

そもそも医薬品ではなくサプリメントとして位置付けされるボストン。

配合されている成分からも、発毛に必要な頭皮環境や血行の促進など体内から整えていく事が主な目的とされており、亜鉛やイソフラボンの他、特に注目すべき成分はやはり【ノコギリヤシ】。

このノコギリヤシはAGAの根源の一つとも言えるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの抑制に効果的と言われています。

具体的にはこのホルモンが発生する際に関与するテストステロンと5αリダクターゼという酵素の働きを抑えてくれるのが【ノコギリヤシ】。

そして、ボストンのノコギリヤシは他の育毛サプリと違い、粉末ではなくオイル状に抽出している事から体内への吸収率も良いとされています。
(ノコギリヤシを推すなら、単体でコストの安いサプリでいいじゃんという声も聞こえてきそうですが、その辺はまぁまぁ)

飲み始めて3か月経過した実情

冒頭でもお伝えしました通り、筆者はこれまでプロペシア(約9年)、ビビスカル(約5カ月)という歴史がありまして、AGAに対してはそれなりの改善がみられています。

数々の初期脱毛も乗り越え、現在はまぁそれなりに生え揃った髪の毛達と共に歩んできておりますが。
髪の毛が改善傾向にあり評価基準がなかなか難しいという事に気づいております。

しかしながら、毛髪の変化には人一倍敏感な筆者であります故、以下項目をボストンサプリの査定基準とさせて頂きます。

・洗髪毎における抜け毛の量

・髪のハリ、コシ、ボリューム感

・顔、頭皮における油の量

この3点が現状に対して変化(衰えがあるのか)があるのか注目していきます。

ちなみに晩御飯を食べた後に3粒(一日分)を毎日摂取し続けました。

洗髪毎における抜け毛の量

時期的な条件(季節の変わり目)も作用するのかもしれませんが、開始~2カ月まで特に変化はありませんでしたが、3か月目に差し掛かる頃、抜け毛の量が増加傾向にありました。
(いつも目に見えて確認できる抜け毛は10本程度だが30本程度は抜けていた)

これまで経験した初期脱毛程の抜け毛ではなかったので、気に留めもせず生活しておりましたが、始まってだいたい3週間程でいつもの状態に戻りました。

ちなみに以前経験した初期脱毛の時期は頭に触る度に髪の毛が抜けていたように感じるので、それはそれは心臓に悪い状態でありました。

髪のハリ、コシ、ボリューム感

特に変化は感じませんでした。(現状維持)

ビビスカルで感じたコシ、ボリューム感は今のところ続いております。
(ちなみにビビスカル記事でも記載しましたが、プロぺで体感できる髪のハリというか元気具合は半端じゃありません)

顔、頭皮における油の量

こちら個人的に気にしていた懸念事項です。

過去における自分の中での体験談から成る一つの指標として、AGA(抜け毛)進行度と顔のテカテカ具合は比例しているように見受けられるからです。

薄毛が進行していた時期は、顔もテッカテカでした。

なので、敏感に気にしていた項目でありましたが、どうやらボストンは油分の量に上手く作用してくれているようです。

3か月間、過剰に油が分泌される事はありませんでした。

現状維持出来ているので安心。

編集後記(まとめ)

総括して、ボストンサプリメントでも今のところ現状維持を出来ている事から、今後、ビビスカルとどちらにするのか大きく迷っております。

ビビスカルは髪の毛だけではなく、お肌にもその効果が見られ、筆者の乾燥肌が改善した事から捨てがたい。
ただし、ボストンに比べるとコストが高い。
うーむ。もう数か月ボストンを継続して結論を出していこうと考えております。
(コストさえ気にならなければ併用もありなのですが)

その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。

プロペシアを始めて6年が経過。その効果と副作用はいかに?

プロペシア育毛生活で8年経過した現在の状況が。。。

男がビビスカルプロフェッショナルを体験して得た効果と実情

以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました