「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

スラックス/おしゃれで大人っぽいブランドで女子受け抜群のスタイルを

      2019/04/29



夏のメンズファッションにおいて、こなれた感を簡単に演出しやすいスラックスコーデ。


ドレッシーで大人っぽいスタイルは女子ウケも抜群で、デニムでは届かないおしゃれな領域に導いてくれます。


中でもラウンジリザードのアイテムは、特筆した美しいシルエットが生み出すその上品な雰囲気と適度なカジュアルさが共存しているので、幅広い着こなしが実現できておすすめです。


今年の夏はズボンは買わないと決め込んでいた筆者ですが、セール価格の誘惑に負けて買ってしまった。。


一通りボトムスを揃えた方、既にスラックスを履きこなしていたり、これからチャレンジする方にも納得して頂ける着用した際のピンとくる感覚は他では味わえない持ち味ではないでしょうか。


毎シーズン、同じ仕様を繰り返し販売しているワケではなく、不変とトレンドを見据えたこだわりのアップデート。


今回の洋服も相変わらずのラウンジリザード にフォーカスしていきます。





アイテム


品名:P/R STRETCH DRY WEATHER TROUSERS

品番:6902

カラー:マスタード
(ブラック、グレー、マスタードの三色展開)

サイズ:1

価格:22680円(税込み)

※筆者スペック:174cm/54kg



相変わらずかっこいいデザインとサイズ感


実は、昨年も購入していたドライウェザーのトラウザーズ。

英国では紳士用ズボンの総称としてトラウザーズと表現しており、スラックスよりもよりドレッシーな印象を与えるそうです。(個人的にはスラックスもトラウザーズも同じ位置関係)


今年も三色展開。ただし色味はブラック、グレー、マスタード。

昨年に比べて股上が高く、ヒップが深くなっていますが、このサイズ感とシルエットがまたカッコいいです。


同じサイズ1でも、昨年のアイテムと比べると解りやすくゆとりが出ていますが、腿から膝下、裾に掛けてはお得意のラウンジライン、他では感じられない美シルエットに仕上がっています。

私のスペックでサイズ2はやや大きく感じたのでサイズ1を選定。


ただラウンジのすごいところはサイズ大きめを選んでも野暮ったくならないところ。これ本当すごいです。



快適な履き心地


正にノンストレスです。


サラサラとした肌触り、薄手で伸縮性があって、真夏にはもってこいのボトムスではないでしょうか。

薄手なのに、型くずれする事なく維持されるシルエットには感動すら覚えます。


何か一つを特化しようとすると、別の何かを犠牲にしなければならないというのが世の常だと考えていましたが、そんな事はない。

全ての側面でバランスのとれたボトムス。


ラウンジのユーザーを納得させる作りは10年前と比べて格段に進歩しているのではないでしょうか。

肌触りの良さとこの生地感、着用しても眺めていても爽やかで涼し気な印象を与えます。


傑作の一つ。

(ここだけの話、セールで色違いの人気色グレーも買ってしまいました。)









編集後記(まとめ)


本当、相変わらずのラウンジリザードの紹介。


筆者が当ブランドを好きな理由として安定感と云うか、自身の良さを見失わずバランスよくトレンドを消化して反映させているところ。


落ち着いたデザインで大人っぽく着こなせる数少ないブランドの一つではないでしょうか。


その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。


スラックス/メンズ/おしゃれコーデとおすすめブランド(前編)


スラックス/メンズ/おしゃれコーデとおすすめブランド(後編)


以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - ボトムス