レギュラー型の白シャツは令和もラウンジリザード かアタッチメントの40代

オープンカラーにノンカラー、ゆとりを強調したオーバーサイズなど。
定番のレギュラーシャツには易々とたどり着けない昨今。
お気に入りを探そうものなら大変な労力が。

あの、、先日ZOZOさんで検索していて改めて実感した次第です。普通のが少なぁ〜。
結局購買意欲を掻き立てられる白シャツに巡り会えなくて。
と言うのも、最近通勤時(私服)に白シャツを復活させてみたトコロ、そのスタイリングの作りやすさを再認識し再燃という経緯があります。
(やはり洋服の個人的ブームにも4年周期のワールドカップ原則が当てはまる)

・とりあえずレギュラーシャツ
・装飾がない無地で白
・普遍的なシルエットとサイジング
・ドレス&カジュアル両方の側面で活躍しそうな生地感
・予算は1、2万


筆者の望むポイントはつまりはこんな感じでして。今も昔も進化しない相変わらずな項目。

とりあえず目星をつけてみたブランド

・ato(アトウ)
・united tokyo(ユナイテッドトウキョー)


いやいや、他にもありますよ?白シャツをリリースしているブランドなんて。
ただ現在市場に出回っているアイテムをベースに探してみたところ筆者のツボにカスリそうだったのが、たまたまこの2ブランドの商品だったという。

どちらも以前から存じ上げてますが。

atoの白シャツは結構昔から定評ありますよね。いつだったか買いそうになりました。

まぁ、こんな感じでシルエット、生地感共に筆者の好みではありました。
とりわけ値段が2万を超えるので立ち止まってしまいますよね。
それでも一度は手にしてもいいのかなぁ?なんて思ってみたりそうでなかったり。

次にUNITED TOKYO。

UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)の「HI-STRETCH レギュラー SH(シャツ/ブラウス)」 - WEAR
UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)の「HI-STRETCH レギュラー SH(シャツ/ブラウス)」です。このアイテム着用のコーディネートをチェックすることもできます。

あぁ、何となく普遍的な要素が散りばめられているデザインと出で立ちでこの先も着ていけそうなオーラが。
12000円程度という価格帯も丁度良い
買おうかと悩みましたが生地感に若干の違和感もなきにしろあらずでして。
(あくまで個人的な趣向ですので)

筆者は普通にブロードシャツ?な生地感が好みでオックスフォードやリネンなどは明らかに違ってきます。(前者はドレッシーな雰囲気で後者はカジュアル感が強め)

で、改めてアタッチメントを引っ張りだしてみる

着てみてこのしっくり来る感じ。

ストレッチブロードレギュラーカラーシャツ
どうですか?
この果てしなく普遍的でプレーンな感じ

ATTACHMENT(アタッチメント)の「【ATTACHMENT】 ストレッチブロードレギュラーカラーシャツ(シャツ/ブラウス)」 - WEAR
ATTACHMENT(アタッチメント)の「【ATTACHMENT】 ストレッチブロードレギュラーカラーシャツ(シャツ/ブラウス)」です。このアイテム着用のコーディネートをチェックすることもできます。

正にいつの時代でも着回せる大人が愛せる白シャツ。
モデル画像の印象とまた違って実際に着てみるとフィット感はほとんど感じさせない中でシャープな印象を与える美シルエット。

程よいツヤとストレッチ機能をミックスした生地も言う事なし。

あと、筆者はポケットが苦手なのでその点も二重丸
このシャツ、確か二期連続でリリースされてましたがまた近々再販してほしい。

こういう普通にカッコいいデザインは定期的に求められる貴重な洋服かと。

そしてラウンジリザード も引っ張りだしてみる

えーっと。結構古い作品。
確か2015年頃に買いました。

SWISS COTTON TYPEWRITER シャツ
ネットで遡りましたが具体的な情報は見つけ出せず。
ただ当時、これだー!っとピキンときて購入したシャツには間違いないわけで。
あまり久々に着るのでドキドキしましたが、いやー、やはりしっくり来ます。
白シャツにも定評のあるラウンジの良さを再認識。
ついでにサイズも3でよかった。

自然な丈感を確保しつつもおじさんの体型を美しく見せてくれるシルエットパターン。
着用時の締め付け感もなく余裕のある着心地。
あとはラウンジならではと言いますか。
ボタンを閉めた際、襟元がカッコよくキマるのもこのブランドならではの魅力と声を大にして言えます。
ハリのある生地は洗濯後に独特の加工感を創作しますが、それすらスタイリッシュに見えてしまう。

総括してクセのないこの白シャツも時を選ばず着回せる貴重な一品です。

編集後記(まとめ)

いやー、新しい洋服の購入に迷って、改めて着直してみると何だかんだで再認識させられてしまうんですよね。どちらも名作
そして再燃してまた一定周期着こむという。
トレンド感のあるアイテムを全身の中に一つ入れておけばボロッボロになるまでは愛用出来る事間違いなし。
また暫くは白シャツコーデが続きそうです。
その他以下関連記事もありますのでもし宜しければお読み下さいませ。

無地シャツ/メンズ/大人のおしゃれを限りなく実現したおすすめブランド

<白シャツメンズおすすめ3選>モテるブランドを選定!!

以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。



コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました