我孫子、佐倉の美味しい揚げ物定食を喰らってNOと言える人間を志す

雇われ社員であろうとも、自己犠牲を図ってまで無理をする必要はないさ。
ストレス抱える位なら、はっきりNOと言ってしまおう。
そんな姿勢でもどうにかなっている筆者を勇気づけてくれる美味しい日本の食文化
千葉県の中でも我孫子と佐倉はまあまあ離れた場所に位置しており何で?という統一感の無さ。
まぁいいじゃない。
我孫子といえば都心へのアクセスもよく土地の価格は高め、佐倉といえばbump of  chicken(具体的には臼井出身)。
まぁ、そんな雑学はさておき、今回は。

・揚げ物で
・美味しい定食
・ぼっちでも入りやすい


最近見つけた美味しいグルメを紹介していきます。

とんかつ さとう

手賀沼公園の前に店舗を構えるとんかつ さとう
駐車場は見当たらないので通りを挟んだ向かいのコインパーキングに。(めっちゃ安い)ネットのレビューを拝見するとどうやら代替わりをされた経歴もあるようで中には辛口の口コミもチラホラ。
とはいえあくまでネットに書き込まれた評価にすぎないという事は痛いほど身にしみて経験済み。

お店に入ってみると決して広いとは言えない店内ですが、落ち着く空気感が出ています。カウンターもあってお一人様でも入りやすいです。
ちなみに筆者は二名で訪問。
夜伺ったのですが、定食で大体平均1500円位かな?という印象です。
とんかつメインのお店としてはメニューの振り幅は大きく、筆者は明太子チーズかつ定食と他に気になったクリームコロッケも注文。もつ煮込みも気になったのですがこれはまた次回に。
他愛ない話をしているところへ明太チーズ登場。



うしし。筆者はまず野菜から手をつける派。キャベツはシャキシャキ鮮度抜群。そしてメインのヒレカツに。美味し!そういえば明太子とカツの組み合わせなんて食べた事がない。
そこに安定のチーズが挟まれている。
ご飯が進むわけで。大盛りにしておいてよかった。とんかつといえば某チェーン店のとんQ位しか味を知らない中で(普通に美味しいと思っている)、今回のとんかつ さとう。
大きな違いを感じたのはジューシーなお肉でしょうか。

弾力があるけど柔らかいという贅沢かつ今まで食した事のない味わいでした。というわけでリピート決定。

ひらりん

こちらは佐倉というか、酒々井というか。
我孫子とはまた違った雰囲気をみせるエリア。
大通り沿いにお店を構えるひらりんは、ご夫婦で営んでいるお店でしょうか。
豚カツやお魚のフライもの、ハンバーグなどこちらも幅広く手掛けている食堂になります。
今回、筆者は二回目の訪問。

そして、相変わらず常連さんというか顔馴染みのお客さんが多いようで、帰り際に店主とコミュニケーションを取っているの光景が印象的でした。
子供も元気良くご馳走様の挨拶をしていたり。というわけで、今回頼んだのはオムライス定食
クリームコロッケとエビフライ、お野菜が色彩豊かにまとまったメニューです。


オムライスで1500円という価格設定で割と高い?と思うかもしれませんが、いやいや、その価値に値する味をキッチリ提供してくれました。

野菜に温野菜テイストのさつまいも、長芋があり美味し。
オマケという存在ではなく立派な一つの前菜の地位を確立しています。
エビフライは頭からシッポまで丸々食べれる仕様。
美味し。クリームコロッケだって言うまでもなく美味い。そして、メインのオムライス。めっちゃ美味〜。
美味しい〜。
タマゴがトロトロでうま〜。お店のこだわりを感じる。
チキンライスが懐かしい味付けを印象付ける中、今風な要素も含まれるオムライスでした。また食べたいな。

編集後記(まとめ)

こんな感じでまた月曜日から仕事を頑張るかと。元気の源。
NOというか、駆け引きなく真っ直ぐに自分の考えや思いを伝えれば伝わるもんだなぁと。
そして相手の話もじっくりと聞く。
案外捨てたもんじゃない。
大人な今だからこそ。

とそんな風に新しい環境でコミュニケーションを図っている筆者なのでした。
都内の職場はやっぱ人がいいな。


以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました