食べるラー油シリーズ/個人的におすすめの美味しい3品を厳選

食べるラー油天国。調味料という概念を超え、炊き立てご飯のお供として梅干しや昆布のような役割を担っている
キーマン的存在。
各メーカー様の試行錯誤を重ねた研究による賜物。
今や食卓に並ぶ立派なオカズとしてその地位を確立した【食べるラー油】達。
というわけで全国展開されている商品の中で筆者が実際に食して厳選した個人的ベスト3を今回紹介してみます。

・ご飯の相棒として相応しい事
・ついでに米以外での拡張性も求む

それでは以下、ご参照くださいませ。

ラー油 明太子

メーカー:まるいち(九州丸一食品株式会社)
価格:580円(税込)
内容量:90g
旨味度:★★★★☆(四つ星)

創業から今年で50周年となる明太子で有名な【まるいち】が展開している食べるラー油シリーズ。
4種類ある中でもこちらはスタンダードな明太子味。
程よく舌を刺激する辛味とコクのある旨味のバランスがとれた名作。

炊き立てご飯やお茶漬けのお伴として申し分ないのですが、お試しでナンに載せて食したところこちらもベストマッチ。

インドの歴史すら簡単に凌駕する食べるラー油おそるべし。

なんなら冷やしうどんにも合います。
ちなみに写真のレシピはうどんつゆ、ごま油、ニンニク少々、みりん、しょうゆ、ねぎです。

糸島麺麻ラー油明太子

メーカー:まるいち(九州丸一食品株式会社)
価格:580円(税込)
内容量:80g
旨味度:★★★★☆(四つ星)

上記商品と同じシリースでこちらは新商品【糸島麺麻ラー油明太子】となります。
そのネーミングの通り糸島産の麺麻をミックスして漬け込んだ気になるお味は、通常の明太子味に一癖足した(良い意味で)美味しい味に仕上がっております。

こちらもご飯のお供としては完成度の高い逸品ではないでしょうか。

食べる和風ごま油

メーカー:小田原屋漬物店
価格:450円(税込)
内容量:110g
旨味度:★★★★☆(四つ星)

上二つが九州産に対して、こちらは福島県、小田原屋漬物店が展開している食べるラー油(ごま油)。
ごま油が紡ぎだす香ばしい風味とフライドガーリック、フライドオニオンが漬け込まれたコクのある旨味はしっかりとした存在感を示しております。

こちらはどちらかというとチャーハンやパスタの調味料としてより一層効果を発揮しそうです。

が、しかし、筆者は炊き立てご飯に適量混ぜて韓国のりをまぶして食べましたが美味しすぎました。
超時短料理としてフライパンにご飯と、この和風ごま油のみで炒めて焼き飯風なご飯もありです。
(検証済み)

編集後記(まとめ)

10代、20代のがっつき世代には特に欠かせないご飯のお供。

いやいやいや、今回紹介したラー油シリーズはその味の奥行きと他の料理に使用しても美味しさを感じ取る事が出来ますので落ち着きのある大人世代にもバッチリおすすめできます。

もし宜しければぜひ一度。
以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました