「どうにかなるさ」平凡な中年サラリーマンの日常

日々の出来事、体験した事、感じた事など分野を問わず紹介していきます。

glamb(グラム)のカットソー/絶妙なシルエットがおしゃれで絶品です

      2019/05/26



国内の若手俳優やミュージシャンなどが好んで着用している事でも知られている、デザイナー古谷 完氏が手掛けるメンズ向けファッションブランドglamb(グラム)。
(女子、キッズ向けも展開しています)


acidmanのボーカル大木 伸夫氏、RIZEのドラマー金子ノブアキ氏が以前ルック(カタログ)に登場していたりしましたね。

洋服の全体的な印象としては10代後半、20代層をターゲットに独創・個性的なデザインでアプローチしているように伺えます。


オリジナリティがあって、カッコいい洋服が数多く展開されているのですが、悲しい現実として筆者の年齢とビジュアルでは当然のことながらもう着れないなぁという感じなんです。
(とはいえ5、6年前に入手したスニーカーはたまに履いてたりするのですが)


それでもただ一つ、「カットソー」の完成度の高さには毎シーズン眼を見張るモノがあり(気に入っているのはシルエット・ボディライン)、無地タイプであれば定番アイテムとして上の年代にも自信を持ってオススメできるのではないかと個人的に考えています。
(ちなみにブランドが手掛けるプリントTシャツは人気を博しておりAAAのニッシー氏が着用していたりと幅広いユーザーに受け入れられている印象があります。)


というか私は何気にコソコソ買ってしまっています。

当ブログで既にに登場しているアタッチメントやカズユキクマガイとはまた一味違った魅力が詰まっている事から、こちらもご参考になれば幸いです。


今回は、先日購入した2つの商品にフォーカスしてみました。





購入品


cooper CS


品番:GB0218/CS18

サイズ:0

色:ブラック

価格:7020円(税込み)








Stevedore CS


品番: GB0218/CS02

サイズ:1

色:ホワイト

価格:8100円(税込み)



※注:写真はバックです。フロントは無地仕様です。





サイズ感について


※筆者スペック:174cm 54kg

購入サイズが違うもののcooper CS、 Stevedore CS共に着用した際のサイズ感は共通した感触です。


私のスペックでは、一番安心して着回せるのは「サイズ1」。とこれは昔から全く変わらない不思議な事象であります。

やや幅広な胸周り、胴回りに対してのやや短めの着丈。今回も昔から変わらない相変わらずのglambサイジング。


何ていうかバランスに優れた適度にゆとりのあるサイズ感は、一枚で着用してもおしゃれな雰囲気を演出してくれるというglamb特有の魔法が掛かっている様な印象です。


サイズ0でもぴたぴたにはならず、ボディラインを上手く修正しつつ綺麗に映し出すサイズ感。



glambラインと言える独特のシルエット


glambのカットソーは2012年に購入した事がきっかけで、ほぼ毎シーズンチェックするようになりました。


特に夏向けの半袖仕様は買う機会が何だかんだで多くって。


まぁ購入当初から変わらない個人的に良いと思えるこの独特のシルエット。


上述した適度にゆとりあるサイズ感が生み出している事には間違いないのですが、他のブランドではなかなかお目見え出来ないバランスの良さがあるように感じられます。

正にずん胴シルエット


このセンスない個人的なネーミングは別として胸から胴、着丈にかけてストンと真っ直ぐ落ちているこの作りがおしゃれなシルエットラインに繋がっていると創造できますが、このglambシルエットから成る一枚で着用した時の見栄えの良さが特に気に入っています。


何が良いかと云うとボトムスがスキニーでもそうじゃなくても幅広く着回せるのでコーデにも一定の安心感が生まれて色々とイメージしやすくなります。

おそらく、着丈とボディ周りの比率がこの魅力の秘訣として筆者は勘繰っていたりもするのですが、夏ですとスラックスと合わせても自然にまとまって大人カッコいい雰囲気を作りやすいので割と着用頻度の高いglambカットソー。


Sponsored Link





以前と違うところは?


首周り。

以前はクルーネックというかUネックとの中間(これがまた絶妙なバランスでよかった)であったのが、今年購入したコレクションはクルーネック寄りの仕様になっており、トレンドを適度に意識した作りとなっていました。



編集後記(まとめ)


言いたい事、伝えたい事はほとんどスラスラ書けてしまった今回の記事。

そういえば素材や生地には全く触れていませんでしたが、Stevedore CSは厚手に作られており、以前に比べるとどちらのカットソーもしっかりとした生地で作られているような印象です。
(共にコットン100%。cooper CSはglamb定番の40/2天竺仕立て)

アタッチメント程の耐久力を見込めませんが、私はglambの過去コレのカットソーをたまーに今でも着用している時がありますのでそう考えると、一定の信頼を持てる品質となっているのではないでしょうか。


良くも悪くも価格相応といいますか。

数回の洗濯でヨレヨレになる事はまずありませんので、もし興味がありましたらぜひ一度袖を通して感じ取って頂けると幸いです。


その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読みくださいませ。

カットソー/メンズ厳選のおすすめブランド3選は万能だった


アタッチメントのカットソーは長期的な視点で見ると実はお得です


カズユキクマガイのカットソーでおしゃれな着こなしを<買ってみた!!>


素材の変化でシンプルな半袖カットソーをおしゃれに着こなしてみる


雰囲気たっぷりジャージー素材のカットソーは案外おすすめです


以上、最後までお付き合い下さって誠にありがとうございました。

Sponsored Link

 - トップス