Tabio(タビオ)の靴下コスパ抜群。メンズに最適な黒も驚きの耐久性

靴下を専業とするTabio SPORT(タビオスポーツ)の品質とは如何に。
これまでユニクロ3足990円を愛用していた筆者にとっては気になる大きな課題項目でありまして。

・メンズソックス界において欠かせない黒色
・洗濯や経年劣化による毛玉
・履き心地
・そして一日使用後の匂い

今回は、この4点を中心に厳正なる審査をさせて頂きました。
というのも過去事例がありまして、脱UNIQLOを試み1600円(4set)の商品を購入した際、初回での使用、同日晩の洗濯で綺麗なブラックが一気に白まみれ(毛玉やゴミ屑)になったという苦い経験があります。割と最近。

やっぱり安定した使い心地のお気に入りを一品確保しておきたいというのが正直なところでして。
そんな中、早速ポチってみましたので以下。

商品詳細

ブランド名:Tabio(タビオ)
品名:メンズ 太リブショートソックス
色:(12)クロ、(86)Dネイビー
サイズ:25.0~27.0cm
価格:@880円(税込み)
綿 45%アクリル 45%ナイロン 9%ポリウレタン 1%

※合計3足(2400円)買いました。(ブラック2点、ネイビー1点)

履履き心地とデザインは?

綿とアクリルをブレンドしたオリジナル素材を基調とした靴下。

生地は薄過ぎず厚過ぎずのちょうど良い厚み、足を優しく包み込むような肌触りで違和感は全くありません。


歩行していて特に歩きづらさを感じる事もなく快適なフィッティング
そしてこの丈感も最適な長さ。
もちろんミドル丈仕様である事を狙って購入したワケで。

とはいえ思いのほか様々なスタイリングに合わせやすいです。
黒という色味、安定感はあるけれど強めの配色なんですがリブで織り込まれている部分もあり比較的柔らかな印象でカジュアル、ドレス、ビジネス等シーンを選ばない良いとこ取りな靴下ではないでしょうか。

くるぶし辺りがすっぽり隠れてくれるので冬場における視覚的な寒そうなイメージも払拭。
案外こういった部分もおしゃれを実践する上では必要な要素だったりしますよね。
季節に合わせてくるぶしを見せたり見せなかったりみたいな。

一日使用後の匂い

誰もが気になるこの項目。
結論から申し上げますと、「特に気にならない」です。

まぁ個人差はあるかと存じますが、この辺は他の靴下と大差はないように感じます。(筆者的には)

洗濯による毛玉感

こちらの写真は三回使用後、そして三回洗濯しておりますが目に見えた劣化はなさそうです。
よかった。
冒頭で伝えて別メーカーの商品は最初の洗濯後で一気にやられていたのでビクビクしておりました。

編集後記(まとめ)

以上の事から、リピート確定です。
今後はしばらくタビオを使わせて頂こうかと。
そして余談として、これは個人的な見解ですが、筆者は脱水後に洗濯機で乾燥も長時間行ってしまうのでのですが生地にとっては明らかにこの行為は良くなさそうです。

靴下に限らず脱水後はなるべくお風呂場の室内乾燥機能を使ってみます。
以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました