初めての眼鏡市場で結果満足した日本製メガネと接客がよかったお話

特徴的な緑と白のロゴが気になる眼鏡市場。母体は株式会社メガネトップ
今回、同店舗のデザインチームが手掛けるハウスブランドTHE BEDFORD HOTE(ザ・ベッドフォード・ホテル)の商品を買ってみました。

とはいえこれが欲しかったというわけでもなく、色んな意味で行きやすい場所にあったから。
最初はこんな感じです。
この業界も若年層からの人気が高いzoffやらJINSowndaysなど低コストをまあまあ売りにしているお店の台頭によって他との差別化が難しく、混沌としているようにも個人的には見受けられるのですが。
まぁ筆者としても安く買える分にはありがたいですからね。
元々はこの三つのいずれかでいいかと考えていたくらいですし。
しかしながら、今住んでいる場所から近いお店がどれも休みの日に行きたいと思える地域ではなく。
(謎のわがまま)
まぁ結果気分で。

・予算は1.8万~2.5万円くらいで
・大人っぽくて
・大きすぎず、小さすぎないデザイン
・メイド・イン・ジャパン
・ストレスのない円滑な接客


それでは以下。

商品詳細

ブランド:THE BEDFORD HOTEL(ザ ベッドフォード ホテル)
品番:BFH-01 WG
色:ホワイトゴールド
本体価格:23100円(税込み)
    ※フレーム+レンズ
フレーム素材:βチタン
フレーム横幅:約145mm

ちなみに筆者はオプションで曇り対策のコーティングをしたので+3000円程度上乗せ。
豆知識としてどうやら曇り対策と耐キズのコーティングは特性上併用できないそうです。

デザイン

見ての通り黒縁メガネに飽きた方には間違いなくおすすめできるシンプルかつクラシカルなデザイン
細いリム(ふち)にやや大きめの丸みのあるレンズが無骨さやカチッとした固い雰囲気というよりも程よいゆるさだったり大人の色気、知的な印象でユーザー各々のパーソナルを引き出してくれるのではないでしょうか。

ちなみに筆者が掛けるとややエロい監督みたいになってしまいましたがそれも計算です。
何気にパットやリムに細かなデザインが描かれおり、さり気ない感じが好きです。

使いやすさ、かけやすさ

この辺は丁番の調整なども絡んできますが、あー、案外軽くて良いです。
程よいフィットさもかけていてストレスを感じさせない。
やっぱ黒縁よりこっちだなぁと。

ここでも雑学ですがこの眼鏡に使われている丁番は20000回という気の遠くなるような改変テストにも耐えられる強度を誇っておりこの点からも品質の高さが伺えます。

専用のクリーナーの使い方も解りやすくご説明下さいました。

接客もいいよね

筆者はやりやすかったですね。
程よい距離感で購入までの導き方は上手だと思いました。笑
決して強く薦める事はなく、あくまでお客様第一といったところでイけるとこはいく、そうじゃなければいかない。そんな印象でした。

何より視力検査など筆者が面倒に感じる一連の工程もスムーズでこんなに早かったっけ?という対応で手際の良さが筆者にとっては好印象
受け取りの際、引き継ぎやフォローが丁寧になされておりお姉さんの対応も親切かつ一生懸命で良かったです。
総括して、眼鏡店でなくともまたここで買っても良いなと思える店舗でした。
個人的にはこういった接客の良さは他との差別化が図れる眼鏡市場の魅力ではないかとも感じている次第です。
相応の対価かと。
筆者は安さを求めている割には、接客が微妙だと絶対に消費しないワガママな一面もあり。。

編集後記(まとめ)

眼鏡のお買い物といっても、ここまで書きたい事がツラツラ出てくるのは歳をとった証拠ですかね。。私が伺った店舗は、とてもよい場所でしたので僅かでも参考になれば幸いです。

以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました