アタッチメントの冬用カットソーはスタイリングのマンネリ解消に繋がります

例年よりも強い冷え込みが予想されている今冬。
そんな中、早くも独断と偏見による個人的な【winterシーズンおすすめのマストバイ・ベストアイテム】を選出させて頂きます。
もちろん筆者が実際に購入したモノであり、トップス、ズボン問わず洋服における全てのカテゴリーを含めた商品を対象としておりますので。
(というかタイトルで既にばればれ)
評価基準は以下の通りです。

・使いやすい
・スタイリングに効果的な一着であること
・暖かい
・おしゃれに見えるシンプルな外観

こちら4点を重視しております。
というかこれだけ揃っていれば充分。というかワガママですよね。
それでも、この広い世の中で夢の様な洋服が存在しているという事実を発見しました故。それでは以下、お付き合い下さると幸いです。

ベストオブ冬用アイテム詳細

ブランド:attachment(アタッチメント)
品名:クールマックスモクロディスウェード タートルネックL/S
品番:AJ03-220
価格:17,600(税込み)
サイズ:1
色:オフホワイト

筆者スペック:173cm/56kg

パーフェクト(無双)な一品

そうです。こちら早々リピートしてしまった商品です。
既に別記事でも紹介してます通り、ブラックのサイズ2を購入し、直感的に次の日には色違い(オフホワイト)をポチってしまったという熱烈ストーリー。
一言で言うなれば心・技・体全ての揃ったカットソーと言えるのではないでしょうか。
素材感、シルエット、デザイン。どれも文句なしです。

何より大のハイネック苦手である筆者がここまで気に入ってしまうとは自身でも予想しておらず。(アタッチメントでは冬の定番アイテムとなりつつあり、正に食わず嫌いでした)

高級な質感であるスウェード素材、ゆったりめなシルエット、丈感も筆者にはちょうどよいです。
ラウンジリザードの細身デニムとも相性抜群
バランスのとれた採寸設定は細身のボトムスだけではなく、ワイド系のパンツとも間違いなく合わせやすく、(not only A but also B)そして首元暖かし!

アウターが作り出す雰囲気に勝るオーラ

冬の装いの中でアウターが作り出す雰囲気が全身に多大な影響を与えるという事実は言うまでもないのですが、それを喰ってしまいそうなオーラがこのカットソーからは滲み出ています。
どんなジャケットやコートでもこのカットソーを組み込めば、特有のミニマルな空気感を体現出来てしまいます。
つまりは簡単に洗礼された大人の品格が作りやすいので使い易さ抜群。

参考スタイリング

Nagato(ATTACHMENT)|ATTACHMENTのテーラードジャケットを使ったコーディネート - WEAR
ATTACHMENTのテーラードジャケット「ハイストレッチツイル 2Bジャケット」を使ったNagato(ATTACHMENT)のコーディネートです。WEARはモデル・俳優・ショップスタッフなどの着こなしをチェックできるファッションコーディネートサイトです。
SHU|ATTACHMENTのテーラードジャケットを使ったコーディネート - WEAR
ATTACHMENTのテーラードジャケット「コットンコンプレッシャー ノーカラージャケット」を使ったSHUのコーディネートです。WEARはモデル・俳優・ショップスタッフなどの着こなしをチェックできるファッションコーディネートサイトです。
Nagato(ATTACHMENT)|ATTACHMENTのテーラードジャケットを使ったコーディネート - WEAR
ATTACHMENTのテーラードジャケット「ソロテックスメモリータスラン ライナー付きコート」を使ったNagato(ATTACHMENT)のコーディネートです。WEARはモデル・俳優・ショップスタッフなどの着こなしをチェックできるファッションコーディネートサイトです。

編集後記(まとめ)

冬の定番スタイリング、マンネリ気味の組み合わせから脱却しやすい個人的な今シーズン一押しの洋服です。
冬物といえど、インナーによってこれほど全身の雰囲気を作り出すカットソーもめずらしいのではないでしょうか。
冬の装いにもう一ひねり加えたいクリエイティビティな方、筆者同様にハイネック、タートルネックが苦手だった方にはぜひ一度。その他、以下関連記事もありますのでもし宜しければお読み下さいませ。

ハイネック苦手な方におすすめしたい冬の装いに適したカットソー

メンズ/冬場のおすすめカットソーの一品は大人おしゃれで保温性抜群

真冬のスタイリング/コートとインナーで挟むミドルレイヤードをどうする?

結局冬場の使いやすいカットソーとは?機能的でおしゃれなモノを求めて

アタッチメントのカットソーは長期的な視点で見ると実はお得です

以上、最後までお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。

コメント (お気軽にコメントして下さい)

タイトルとURLをコピーしました